2022年10月24日月曜日

注視していきたい今後の年金と健康保険



1か月くらい前の記事にありましたが、『政府が国民年金の納付を現行の40年間からさらに5年延ばして、45年にする検討に入った』そうです。(Yahooニュース・共同通信の記事)

https://news.yahoo.co.jp/articles/2bf002bbe4bfd15b047b67cc024da54dfd0f0df7

つまり20歳から65歳まで納付(払わなきゃならない)ということですね。

想定内”のことなので驚きませんが、検討に入ったということは、そう遠くないうちに決定となることでしょうね。


60歳で定年を選んだ人や自営業者にとってはかなりの負担になりそうです。

ニュースのコメントではもちろん反対が多いですね?


それから医療費ですが、こちらも増え続けていて、これからも徐々に国民の負担増の方向に行きそうなのは、私も含めて国民が敏感に感じているのは間違いないようです。

『高額医療負担金を廃止して自治体の負担にする案』が政府から出ているそうで、これが『高額療養費制度』を廃止するのではないかとの誤解も一部に広がっているようです。

これに関連する記事もYahooニュースに出ていましたので、ご参考のためにURLを記しておきます。https://news.yahoo.co.jp/articles/895372f8e2a5e80cdad5524ac93cd3ef20c34efa


年金制度も医療制度も複雑なので、中小企業を定年リタイアして8年目の73歳の一般個人のじいさんには、はっきり把握できないことがあります💧。


自分の状況がだんだん『悪くなっていく』ような気もしつつ、なるようにしかならん(;´・ω・)とも思いつつの今日この頃です。


これから(中小企業で)定年を迎える60歳代の皆様、あるいはもう少し先の50歳代の皆様、自分の生活を守るのは自分しかいないわけで、油断せずアンテナを高くして生活を乗り切っていかれたく思います。


70過ぎて後悔しても遅すぎるかも知れないので・・・。



ブログランキングに参加しています😅

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村