2022年2月26日土曜日

美しいキエフの街が破壊されている

街が破壊されるだけでなく、何の罪もない人命が失われています。

1月から❝ぜったいあぶない、あぶない!❞と思っていましたが、北京オリンピックが終わったばかりの24日、ロシア・プーチン大統領がとうとうウクライナに侵略を始めました。

それから2日たち、フェイクも含めて情報が多すぎますが、事実を見極めなくては・・・。


マンション地下の防空壕に避難しているウクライナの小学生くらいの女の子が「戦争は嫌だ、死にたくない」(字幕ですが)と言っている映像がテレビニュースから流れていました。

うちの相方がそのニュースを見て、「なんでこんなひどいことをするんだろうね😡!💧」と憤っていましたが、まあこの言葉に尽きますね。



キエフの街  写真AC様・masa2さんより

ウクライナの古くて美しい街キエフ(だけでなくほかの都市にも)の、ごく普通に働いて生活している人々が住むアパートに、ロシアのミサイルが撃ち込まれ大破して、亡くなったり苦しめられている映像を見ると、胸が痛くなりますね。

あとで弁償しろよと思いますね・・・(゚Д゚;)


追い詰められているウクライナのゼレンスキー大統領は「誰も助けに来てくれない」また、「私はキエフにいる、武器は放棄しない」と言っていましたが、悲壮感が伝わってきます。

ほんとに気の毒だけど、NATOもアメリカも日本も含めてどこの国も、ウクライナに入って助けに行ってないというか行けない。


NATOができないんだったら、いろいろ制約はあるかもしれないが、国連の平和維持軍のようなものが、ウクライナ国民を助けられないものかな~。


今後の成り行きについては読めませんが、どちらにしてもウクライナの人々には厳しい状況が待っているのは間違いないと思います。


今のウクライナを明日の日本に重ねると、日本に対して特定の国が言いがかりをつけ(例えば自国民が迫害されているとかなんとか)、保護するためにと突然日本の領土に侵攻し、大都市に迫りミサイルを撃ち込むなんてことが現実に起こったらどうするでしょうか。

ただ今回のロシアの侵攻を憤るだけではなく、いろいろ考えなくてはね、と思う今日この頃です。



ブログランキングに参加しています(^-^;

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ
にほんブログ村