2021年8月8日日曜日

春に痛めた人差し指が秋ころにやっと治る

手の爪の伸びる速さは個人差もありますが、1日に平均で0.1mmだそうです。

私のひとさし指の爪の長さは測ったら13mmありましたので、完全に生え変わるまでおおよそ130日(4.3か月)ということになります。

ただ年寄りで新陳代謝も低いのでその1.5倍とすると、195日(6.5か月)で半年くらいしょうか?

今年の春に人差し指の「変形性関節症」になり、手術することが決まって、5月8日に指の手術をしてから3か月になり、爪も順調に伸びて元通りになりつつあります。

(上の青色太字はその記事のリンクです)

計算通り手術後3か月で、ちょうど半分くらい元通りになってきているようです。

下の写真、左手で撮ってピントも甘く写りが今一つですが、今こんなんです(^^;)

爪の下(右)はまだちょっと腫れて赤くなっていて、ちょっとした違和感がありますが痛そうに見えてそうでもないです。






ということで、昨日手術をした整形外科に、2か月前に予約していた『診察』に行ってきました。

まあ自分では治ってきているという感覚ですが、キャンセルせず念のため診てもらってきました。

腫れが収まるには2~3か月かかるかと思うが、今回で終了ということです。

こんなことをやりつつ、無職の日は経っていきます。

コロナ禍のオリンピック開催中の、8月6日には76回目の広島平和記念式典が終わり、9日は長崎の平和祈念式典があります。

昨日8月7日は立秋、15日は終戦の日、そしてお盆、まだまだ暑いですがもう暦でも秋でになっていきますねえ~?

秋にはコロナ禍が収まってほしいというわずか願望もありますが、どうなることやら・・・。


ブログランキングに参加しています(^-^;

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村

0 件のコメント:

コメントを投稿