2021年6月9日水曜日

マクロン大統領、暴漢から平手打ち

 毎日が日曜日でゆっくり起きた朝は、スマートホンのヤフーニュースを見ることから1日が始まります。

(新聞はもう20年位前からとっていません(;´・ω・)


フランスのイメージ、写真ACより拝借

最初に朝食前の私の目に入ってきたのは、マカロン・・・😃いいえ、『フランスのマクロン大統領が男から平手打ちを受ける』という、AFP=時事のニュース。

URLです👉 https://news.yahoo.co.jp/pickup/6395558

フランスのマクロン大統領が8日に、フランス南東部ドローム県の専門学校を訪れた際に、柵の向こう側に集まっている人々に近付いて握手をしようとしたときに、一番前にいた長髪・マスク男の平手打ち(ビンタ)を受けてしまった。

別のロイターのニュースにはその映像も出ていました。   https://jp.reuters.com/article/france-politics-macron-idJPKCN2DK1QA


そこにいた人々の身体検査は事前にやっていたとは思いますが、短い映像を見ると歩み寄るマクロン氏の後ろに男女のSPがいて、まさかこののどかな場所で危害を加えるものがいるとは思わず、油断があったかと見えます。

この男ともう1人が逮捕されたそうですが、ビンタの威力はそれほどでもなく

アメリカのテレビドラマ『24-TWENTY-FOUR』のシーズン1の最後の、パーマー大統領が、支持者を装った若い女(美人)に猛毒の薬品を塗った手で握手をされ、倒れてしまうシーンがあるのですが、それを思いだしてしまいました。

まあ、そんなことがなくてもまだコロナが収まっていないフランスで、マスクはしているが不特定多数と握手をしようというのがまず油断ですかね?

この男が極右の者(王党派?)で「マクロン主義打倒!」と言っていたという記事や、フランス軍の戦争スローガンも口にしていたと言います。

マクロン氏のグローバリズムなどの政策は、国内の左右から批判があり、不満やストレスが溜まっているようです。

このニュースを見て、フランスの警備、マクロン氏の政治政策、フランスのコロナ対策、どうなっているんだろうな?知らないことばかり、それにしてもマクロンし若いなあ~、いろんなことに興味がでてきました。


日本やアメリカだったら、こんな事件が起きたらどうだろうな?

それにしても、フランスにもう1度行ってみたいなあ~、行けないけど(;´・ω・)



ブログランキングに参加しています(^-^;

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ
にほんブログ村

0 件のコメント:

コメントを投稿