2021年6月7日月曜日

♪『青い背広で心も軽く~』って街へ出かけたことも・・・

 藤山一郎(Wikipedia)が唄った『青い背広で』という歌がずーっと好きでしたね😀

1937年(昭和12年)佐藤惣之助作詞・古賀政男作曲の古い歌謡曲です。

青い背広で心も軽く 街へあの娘(こ)と行こうじゃないか~~~♪

と藤山一郎が、戦前の歌とは思えない軽快なリズムで歌います。

初めて聞いたのが名古屋近郊の工場にいたときで、53年前の昭和43年だったなあ~、計算したらもう53年経ちますね~。

当時からしても、もう30年以上も前の歌なのに~、なぜかとても好きな好きになってしまったんですね(;´・ω・)

明治大学マンドリン倶楽部の演奏もまた良かった(^^;)

わたしも青い背広を着て、街へ❝あの娘❞と行ったけかなあ~?

このころが私の青春の始まりであり、その後買った背広は青系が多く、今でも青系の服は好きです。(背広は着ませんが・・・)


イラストACより



50年の時があっという間に流れて令和のコロナの世の中ですねえ~。

今はというか、もう10年以上おしゃれをすることも背広を着る(買う)こともなくなりなくなりました。

とは言え、古希を過ぎてしまいいましたが、まだ社会人なので人に不快な気持ちにさせない、最低限の身だしなみが基準ですが一応気は付けています(つもりです)。

もうほとんど着ない背広は、青を含めた3着と礼服1着を残してすべて処分し、そのほかも年々少なくなっていますが、新しい服を買いたくなることもあまりなくなりました。

コロナ禍ですが、それでも世の中物はあふれています。

ですが服がまだあるうちはローテーションして着ながら、シンプルな年金生活を送っております。

『ケチ』というわけでもなく、単に必要ない、ほしくないという気持ちなのかな?と思います。



ブログランキングに参加しています(^-^;

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ

にほんブログ村

0 件のコメント:

コメントを投稿