2021年5月22日土曜日

アクセルとブレーキの踏み間違い

私もクルマの運転をしているもので、高齢者運転の事故のニュースにはすぐ目が行きます。




特にアクセルとブレーキを踏み間違えたとされる事故ですね。

本人は思いっきりブレーキを踏んだつもりですが、それが実は思いっきりアクセルだというので被害が大きく、大惨事になることが多々あります。

昨日見た横浜市での、乗用車が住宅に突っ込んだという交通事故のニュース。

 https://news.yahoo.co.jp/articles/d301be8fc9391c611c7a9909d34707cad0270d27

21日午前9時半過ぎ、横浜市港北区の住宅に、近くに住む74歳の男が運転する車が突っ込み、この家にいた高齢女性が、意識不明の重体で病院に搬送されたが、死亡が確認された。

74歳の男は午前10時過ぎに、過失運転障害の現行犯で逮捕され、調べに対して「アクセルとブレーキを踏み間違えた」という趣旨の説明をしていて(以下省略)


もう50年近く前に横浜市港北区のアパートに住んでいたのですが、他の記事など詳しく見ていたら、その事故現場は当時の生活圏のところで、びっくりやら懐かしいやら(;´・ω・)

事故現場の画像を見ると、重量もそれなりにありそうな乗用車が、木造住宅の玄関の門柱の左側の部屋に突っ込んでいたようです。

玄関の門柱にぶつかったのなら家の中まで入って行かなかったと思われ、運が悪く亡くなった方にはお気の毒なことです。

このような『踏みちがい』の事故は、現在裁判中で❝上級国民❞と言われる男の池袋暴走死亡事故(彼は踏みちがいではないと主張しているが)が有名ですが、そのほかよく目にするし昔からあります。

このような事故のニュースを見て「おやじだ!何やってんねん(;´・ω・)」とは思うものの、確率的には高齢者何千人か何万人だかに1人位はこんな事故を起こすもので、自分もこの加害者のようにならないとはならないとは限らないところが怖いところです。


70歳を過ぎて思わぬところでこんな加害者(犯罪者)にならないためには、車を運転するなら価格は高くなりますが、自動ブレーキ(衝突被害軽減ブレーキ)などの安全機能を備えた車に乗るのがベターかと思います。

今乗っているクルマはそれではなく、買い替える予算がないという人は、数万円でカーショップで取り扱われている、後付けの《踏み間違い防止装置》なども参考にされたら良いかなと思います。

ちなみに私の乗っている6年前の発売のホンダの軽は、『簡易式の自動ブレーキ?』というもので、『あんしんパッケージ』の中の『シティブレーキアクティブシステム』というものがついています。

このシステムは現行の『ホンダセンシング』よりかなり性能は落ちると言われております。

幸いにもクルマを買ってから1度も作動していないので保険のようなものですが、今のところついていないよりましだと思っています。


わが国では2021年1以降にフルモデルチェンジ新車(国産車)から本格的に自動ブレーキ搭載義務化がスタートし、既存の車種やモデルの場合は、2025年12月以降の車種が対象になります。

行き渡るまでには時間がかかるとは思いますが、徐々に技術も進み少しは安心感が増すかな?ということでしょうかね。

ペダルの踏み間違い1つで高齢者が加害者になって、刑務所に行かなければならなくなることが無くなるように、高齢者の私は願っている今日この頃なのです。


ブログランキングに参加しています(^-^;

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ
にほんブログ村

0 件のコメント:

コメントを投稿