2021年3月4日木曜日

NTTも総務省高級官僚に高額接待

この1つ前の投稿で、NTTドコモのスマホ料金プランのことを書いたあと、スマホのニュースを見ていて、目が釘付け・・・(;゚Д゚)

『一人10万円超も NTTが山田前広報官と谷脇総務審議官に高額接待』という文春オンラインのニュース記事、これが第二弾やないんか、やっぱりな?

https://news.yahoo.co.jp/articles/9ea0f97564f790215c47901ecfb8696126f64a9a



イメージ画像です イラストACより


東北新社からの接待で内閣広報官を辞任した元総務省官僚の山田氏や、減給の懲戒処分だけだった総務省総務審議官の谷脇氏はこの会社だけしか接待を受けていないようなと説明をしていたにもかかわらず、NTTからも高額接待を受けていて、そのうそを見事に覆す文春の記事。

これは氷山の一角で、総務省に限らず高級官僚っていうのはこんなのばかりなのか、内部調査はどないなってん?全く機能していないではないか。

それにしても恐るべし文春砲で、虚偽の答弁をしたのが覆る記事が出ることが分かったので、病院に逃げ込むしかなかったのかな?山田さん。


また東北新社もひどいものだったが、ドコモを子会社化した桁違いに巨大なNTTの社長らが高級官僚を高額接待した意図は?総務大臣がauなどの民間企業に必要以上に口出しして値下げさせた意図は?これから明るみに出ればいいのだけど・・・。

接待する会社も接待される高級官僚もどっちもどっちだけど、そもそも利害関係があるから接待するわけで、関係性がない会社が何十万円も使って公務員を接待するわけがない。

利害関係者でもない民間企業の人たちと接する場合に、コーヒー1杯も接待を受けないけど、お茶出されて飲まないのは失礼に当たるんじゃないかと悩む地方公務員もいるし、そういう人がほとんどだけど、こういった高給取りの高級官僚は倫理などという言葉は眼中にないと思われます。

スマホ代あと月500円安くなればいいなと思っている定年したおやじや、月10万円ちょっとのパート代の中から高いスマホ料金払っているおばさんから見たら、官僚への一晩7万円や10万円の接待は公務員の倫理違反どころか、贈収賄の犯罪にしか思えないだろう(`・ω・´)

これを報じている《電波》に関連するテレビ局をはじめとするマスコミ各社だって、政府高官や高級官僚と食事したり飲んだりやっているわけで、週刊誌以外に鋭く追及するところがないのは残念。

野党は頼りないし、とにかく検察にはしっかり調査追及して立件してもらいたいと思うが、どうだろうか?何ともいえない気がしてならないなあ~(;´・ω・)

ブログのサブタイトルにも書いていますが、私は『越後』出身のものです(;´・ω・)


この一連の接待問題を考えるに、ふと『越後屋』が浮かんだのですが、時代劇で悪徳商人と言えば『越後屋』で、悪代官や幕府の高官と酒食の席で悪だくみを企て、袖の下を渡してお互いに私腹を肥やし、御政道を歪め庶民を苦しめるというのが定番です。

21世紀のわが国でも、この構図は今も江戸時代も(いやもっともっと昔から)変わっとらんのかな~?

時代劇では《悪い奴ら》はラストで水戸黄門や桃太郎侍に成敗されるので、スカッとするわけですが、現代の水戸黄門は週刊文春しかいないのであっては、心もとない気がします。

ほかの週刊誌もマスコミも、芸能人の不倫ばっかり追いかけていないで、こういった骨のある取材をしてもらいたいものですね~。

そしてまじめに働く正直者が馬鹿を見る社会は、われわれの時代で終わりにしてもらいたいなどとまじめに思っております、ハイ!

それに私は「江戸時代の悪い商人は越後屋しかいないんかい!」と独りで突っ込んだりしている今日この頃です(;´・ω・)


ブログランキングに参加しています(^-^;

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ
にほんブログ村

0 件のコメント:

コメントを投稿