2020年12月19日土曜日

新潟県関越自動車道、大雪の中の立ち往生

 冬型の気圧配置で関東近辺はカラカラの天気で、わが家の湿度も40%を下回っている今日この頃ですが、日本海側や群馬以北の北日本は大雪のところが多く、被害も出ているようでお見舞い申し上げたいと思います。


雪道  出典:写真AC


新潟で育って雪道の運転もしてきてある程度慣れている者にとっても、16日から18日にかけての、新潟・関越自動車道の最大で2100台が3日間立ち往生した件は、驚きで初めて見た気がします。

暖冬だった今年の12月の降り始めの雪が大雪になったので、通行止めにするのが遅れたNEXCO東日本にも油断があったのでしょうか。

さらに乗用車・トラックともに油断して、スタッドレスでないタイヤのドライバーも少なからずいたのでしょうか。

通常だったらかなりの雪でもスタッドレスタイヤで走れると思うのですが、先頭にスリップした車が立ち往生したら、後続車はタイヤチェーンをしていてもどうしようもないです。

通行止めにならないので、どんどん関越に入ってきた車で2100台が最大3日間立ち往生ですか?

基本は自然現象ですが、現場にいたドライバーや同乗者の方々は本当に大変な辛くて怖い経験だったとお察しいたします。

それぞれの当事者がこれを教訓に、人災にならないように雪道に備えるしかないですね。

私も2014年2月の豪雪の時1m以上も降って、長野県松本市付近の中央道が通行止めになり、更に高速道を降りての国道で、立ち往生に近い経験をしたのがトラウマになって忘れられません。

もちろんスタッドレスタイヤだったのですが、降雪が限度を超えるとどうにもならない経験をしました。

今回もそのような状況だったのかな?

この件で思ったのですが、真冬の雪の中で電気自動車で立ち往生した場合、バッテリーが上がってしまったら暖房も効かなく、命の危険にさらされるのではないか?

よく考えなくてはなあ~・・・ということです(;´・ω・)。

暖冬だとおもって、雪を軽視しているととんでもないことになるとの教訓を今回得させていただきました。


ブログランキングに参加しています(^-^;

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ
にほんブログ村