2020年8月29日土曜日

安倍総理大臣、昨日辞任を表明された

 いや~最近体調が悪そうなのは報道で何となく知っていたのだけど、まだやれるんじゃないかと思っていたんだけどなあ~、急だったのでちょっと驚きましたね?

安倍首相が首相官邸での28日午後5時からの記者会見で、正式に約8年間務めた総理大臣職の辞任を表明しました。


出典:首相官邸ホームページ


辞任の理由は持病の潰瘍性大腸炎の再発で、このために政治判断を誤ってはならないために判断したということです。

批判というより誹謗中傷の中での激務はさぞ孤独だったんだろうな?と思います。

国民の1人として、大変お疲れさまでしたと申し上げます。


そして程度が低いとしか思えない、批判ばかりしかできないマスコミや野党の一部の政治家に、一国の首相の苦渋の決断の辞任に対して、もっと労りや敬意を表わせと言いたい。

特に、首相を『大事な時に体を壊す癖がある危機管理能力のない人物』と言いきった宮城選挙区の立憲民主党の議員には、何様なんだ?、なにを考えて言っているのだと言いたいヽ(`Д´)ノプンプン

どこかで似たような不愉快な言葉を聞いたことがあったな?と思い出すに、2014年に元総理大臣が、『浅田真央さんは大事なところで必ず転ぶ』と言ってひんしゅくを買ったことだったかな・・・?


それはともかく私としても、安倍首相の国政や外交を100%支持するものでもなく、長期の政権の間に弊害がなかったとは言わないが、トランプ大統領はじめ世界の指導者の中にあってもご自身の、ひいては日本の存在感を示したことは評価できると思う。

えっ・・・言い方が偉そう? 失礼しましたm(__)m


拉致被害者を取り戻すことができなかったことに、最も断腸の思いだったのではないかと推察しますが、私ならそう思うし、そうでなかったらまことに残念。

そして憲法改正、ロシアとの領土問題解決・日ロ平和条約締結もできなかった、これは次の首相がだれになるかわからないが、問題山積で引き続きますます難しくなるだろうと思います。

後継候補の名前が以前からマスコミに上がっていますが、この日本をどうしたいのかよくわからない人が多くて、ホントに大丈夫かなと心配してもその中から選ぶしかないんでしょうな?

自民党さんにはきちんと総裁選で党員投票もやって、少なくとも民意に近い人を選んでほしいです。

実績のある河野太郎氏にはぜひ覚悟をもって総裁選に出馬してもらいたい、国民も支持すると思うものです。


うかうかしていると、周りの国からいいようにやられてしまう日本の姿が目に浮かんできます。

年寄りでも日本の未来がよりよくなることを考えなくてはね? と思っているものです。


改めて、安倍総理長い間お疲れさまでした、病気のご回復をお祈り申し上げます。


ブログランキングに参加しています(^-^;

にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村

0 件のコメント:

コメントを投稿