2020年7月5日日曜日

感染が止まらない、やばいなあ~

『東京都で新たに131人の感染確認3日連続の100人超え』
『都知事「不要不急の他県への移動はお控えいただきたい」』
『国内感染者4日、262人確認緊急事態宣言解除後最多』
『全国で274人感染 山形は2か月ぶり、地方からも再び』
『「売り上げ戻った矢先に・・・」ふったび増える感染者、不安の声』

数字はちょっとばらつきがありますが、直近7月4日のネットニュースの見出しです。
見出しだけでも「これはチョットやばそう💦」と、団塊世代の親父は思ってしまいます。

izu3さんによる写真ACからの写真 


 緊急事態宣言が5月25日に全国で解除されて1か月余り、こ~なることはほぼ予測ついていたよな~(`・ω・´)

感染者がゼロになったので解除したわけでもないので、緊急事態宣言解除が早すぎたという人こともいえるし、でもそうしなければ経済が回らず倒産、廃業、失業がもっと出ることになるかもしれないし。

政府も東京都なども、程度感染者がゼロになることはなく増えることも予測していたのでは? とも思いますが緊張感がなくなている中での感染者の増え方がちょっときついですね。

これは第二波ではなく最初の波がまだ収まらずだらだらとして引いていかないどころではなく、勢いが増しつつある状態だとぼくは睨んでいるのですが・・・。

東京を見ていると、リモートも一段落していて、大きな駅も電車も込み具合は増えているし、東京を中心にして人の移動も広範囲になってきて、昼の飲食店も夜の酒場もお客が増えだしているようだし、3月ころの状態に戻っているようですね。

一般国民・都民などに自粛を守らせる政策だけではなく、感染源が突き止められているところはもう少し厳しく指導しなければ、いつまでたっても感染は収まらない。

いやそれをやっても、これだけ人が移動していては、もはや収まらないかもしれないのですがね。

規制もお願い程度で、国民・都民の意識(の高さ?)に頼っている状態なので、ほんの一握りの意識低い系の人がいれば、感染者はまたどんどん広がりだすだろうな。

その方々は、「万一感染しても命までは取られないだろう、かえって免疫がつくので・・・と高をくくっておられるようで、高齢者や意識高い系の危機感は伝わっていないのだろうと察します。

今の様子を見ていると、GOTOトラベルトラベルキャンペーンや、何千人何万人の観客の入るスポーツや音楽などの大規模イベントも大丈夫かなあ?と思います。

わたしももしかしたら、9月ころには感染の波がいったん収まるかもしれないので、そうしたらGOTOトラベルで国内旅行に行きたいなどと思っていたのですが、これはちょっと無理らしくなってきました。

やはり年寄りはワクチンができるまでは人込みにも旅行にも出ないほうがよさそうかな?

いったん感染したら、年寄りは重症化して命を落とす確率も5%くらい?はあるようだし、抗体ができるのを期待するには危険すぎるので、私は引き続き徹底的に感染を防ぐ努力をするということで・・・。

ブログランキングに参加しています(^-^;

にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村

0 件のコメント: