2020年6月17日水曜日

寝ている間に口の中を噛んで口内炎ができて困っていた件

今日の話はタイトルそのままなんですが、特に舌の両サイドを噛んで困っていたんですね。

以前からよく口内炎ができていて、これは体質なんだと思っていました。
アフター性口内炎といって、炎症の部分が黄色くなってとても痛くて、薬を付けたりしても治るのに1週間くらいかかります。

最近は食事中に『噛む動き』に口の周りの動きがついていかず(別の表現だともつれるといいます(;゚Д゚))、つい口の内側を噛むことがあります。
私はその部分が口内炎になる確率が50%くらいもあります。

さらに最近ときどきあることですが、寝ている間に、もちろん無意識にですが、歯をかみしめることがあるようで、歯の間になにもなければいいのですが、舌の端などがあった場合には、『ぐきっ』と言うような音が頭に響いて、痛さとともに飛び上がって起きることがあります。

これが情けない、誰のせいでもない自分のせいですからね。
昔から口内炎になりやすいのも、このせいもあったかもしれません。

寝ている間に無意識に歯をガチっと噛まなければいいので、マウスピースをすればいいのかな?と思って楽天で探してみたら、いびき防止用とか歯ぎしり防止用のマウスピースがたくさん出品されていますね。

とりあえずはものの試しと、下のような商品を楽天で買って試してみました。
私が買ったものは1,600円くらいで、下のとはちょっと違うのですが、ご参考のため。

簡単なものですが、歯と歯の間に柔らかい素材がクッションのようになり、噛みしめないので舌やほっぺを噛まない。


私の場合の感想ですが、小さくて柔らかくて弾力があるものでも、口の中に7時間前後入れていると、起きた時に口の中が疲れるというような感がありますが、自然になれるのかな?
口の中を噛まないという目的については、クリアーしています。

別のメーカーのものもいろいろ試して、自分に合うものがあれば、今日のタイトルの悩みの件は解消できるかと思います・・・が。(;´・ω・)

ブログランキングに参加しています(^-^;

にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村 

0 件のコメント: