2020年6月11日木曜日

わが家の家電製品のことなど

本日(11日)はこちらも梅雨入りした模様です。
昨年より少し遅い梅雨入りですがそれでも季節は回っていますね。

6月に入って暑くなってきて、湿度も上がってきました。



2日前に試運転を兼ねてエアコンのスイッチを入れてみました。
最初の5分くらい少し埃っぽいような、かびの匂いのようなものがしましたが、その後順調です。

音もまだ静かですし、ドレンの排水も順調で冷房能力も快調です
⇨室内の湿気が取れているのが目に見えて判る(^_^;)

このエアコンは保存してあるカ取扱説明書を見ると、2007年の5月に買い替えた、Nationalのインバータールームエアコンというもので、「お掃除機能付き」というのが気に入って買ったものです。

ということは、もう13年くらい夏冬がんばってくれています。

今のマンションに新築で入居したのが26年前で、その時に購入したエアコンを、13年目に買い替えて、これも13年経ったということになります。

エアコンは10年くらいで寿命になる場合も多いようですが、このNationalエアコン、あと2年くらいはもってくれるかな?
(PanasonicではなくNationalというのが懐かしさを感じます)

26年というと冷蔵庫や電子レンジ、エアコンなどは大事に使っても、2台目がそろそろ寿命を迎える時期に差し掛かってきています。

テレビ、洗濯機、掃除機(これは4代目)はすでに買い替えています。

比較するのもなんですが、車に比べると安くて長持ちするもので、そんなにコスパが悪いわけではないですが、買い替えの時期になると、そろそろかな~?とかまだ壊れるまで使ったほうがいいかな?とかやや悩むものです。

パソコンなどは10年は持たないし、車も新車で買って6年から9年で買い替えていたものなあ~(;´・ω・)

それに家電製品ではないですが、バス(風呂ですが)はFRPでできていて、1・2か所剥がれかけて心配なところがあります。

ホームセンターで補修用キットなどが数千円で売っていますが、これを使って大丈夫なのかな~?

マンションの住人の方で、かなりの件数でリフォームをやっておられるようです。
業者のパンフレットを見ると、風呂のリフォームだけでも60万円~100万円前後かかるようで、風呂の寿命と自分の寿命を見計らいつつ、リフォームするかどうか考え悩むのすぐ先のようです。

ということで、家電製品などの買い替えに、寿命を考えながら、あたまを悩まされているというおはなしでした。


ブログランキングに参加しています(^-^;

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ
にほんブログ村

0 件のコメント:

コメントを投稿