2020年2月19日水曜日

小泉環境相の後援会の新年会優先について思ったこと

Yahoo!ニュースから

「小泉環境相、後援会行事を優先・・・」(2月18日共同通信配信)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200218-00000128-kyodonews-pol

小泉環境大臣が、16日の政府の「新型ウィルス感染症対策本部」の会合に、全閣僚がメンバーになっているにも関わらず、代理に政務官を出席させ、本人は地元後援会の新年会に出席していた。

18日の予算委員会で共産党の議員の質問で公表され、事実関係を認めたとのことです。

記事では『国の危機管理より後援会活動を優先したとの批判を招きそうだ』としていますが、団塊OLDとしては、共同通信さん、招きそうだなどと生ぬるいことを言ってないで、そのことを批判してもらいたいものだと思いますね。


ウィルス感染がじわじわ広がり、重症者・しぼう者も出て、国民の不安が高まっている最中で、不要不急の会合(まさに新年会などの宴会)などを慎んでくれと暗に政府ー厚生労働省が言っていますよね。


新型ウィルス対策待ったなしで、ただでさえ政府の対応が遅いと批判されているのに、「必要な支持は出しており、危機管理は万全だ」と強調したそうだが、いや万全ではないでしょう?

会議には出席してもしなくても同じだろうと、自分の支持者の新年会を優先して考えたのでしょうが、記事をよむところでは、小泉大臣の行動には真摯な姿勢が感じられないですね。

新型ウィルスに最も抵抗力の弱いとされる、《高齢者で持病持ちの団塊OLD》としては、政府の高官全員が新型ウィルス対策を真摯に考えている、と思われることが安心に繋がるんだな~・・ってここに書いていますが、環境省と大臣に届くかな?

小泉新次郎氏については、擁護・支持する記事も書いていますが、今回は苦言でした。

新型ウィルス・・・甘く見ていては、大変なことになると思っているんです。


ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

0 件のコメント: