2020年2月11日火曜日

春先はイソジンのうがい薬が手放せない件


今年の冬も平均的に暖かいですね。
桜や梅の花が早くも咲いているところもあり、スギの花粉も早く飛んでいるように感じます。

2月に入った頃からもう、鼻が少し詰まってくるようになり、鼻水も出て目も少しかゆくなってきました。
いよいよ何十年も付きあっている花粉症の始まりです。

アレルギー体質の私が、初めて『花粉症らしい病気』があることを知ったのは、遥か50年ほど昔の3月です。

風邪かと思って内科を受診した時、医師が「最近アメリカの学者(医者?)が、花粉でアレルギー症状が出るという研究を発表したのですが、もしかしたらそれかもしれないよ」と言いました。

その頃はまだ花粉症という言葉はありませんでしたがね。

そういえば中学生の頃から、春先に鼻をぐすぐすさせていた記憶がありますが、その頃から花粉症だったと思います。

今年は新型ウィルス肺炎の恐怖もあるので、とくにマスクは欠かせませんね。

今流行りの病気から体を守るには、マスクの効果はそれほどないとは言え、手洗い・手のアルコール消毒と、マスクとうがいくらいしか守る方法がないので、それは意識的にやっています。

今でもマスクは、ドラッグストアやスーパーではほとんど品切れ状態で、花粉症の人にも難儀なことになっていますが、うがい薬はまだ大丈夫のようです。

うがい薬も『菌』には効くと思いますが、ウィルスにはどうなんでしょうか。(外箱にはウィルスと書いてはありますが(;´・ω・))

まあ、のどにウィルスがついたら洗い流せるという期待があります。
ウィルス対策だけとしたら、水でうがいをしても充分いいのだろうけど、うがい薬を使うとよりいいかな?という気分の問題もあり、余分な雑菌には効くということでも、やはりうがい薬はいいということでありますか?


パソコン台の上のイソジン


ということで、いままでいろんなうがい薬を使ってきましたが、最近はイソジンのうがい薬が私には一番いい様で、こればっかりです。
濃い赤茶色のイソジンは、いかにも効きそうな色をしています。

ちなみにカミさんは、ライオンの『システマSP-T』という、うがい薬がお気に入りで「これが一番いい」と言っています。


ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

0 件のコメント:

コメントを投稿