2020年2月20日木曜日

1200回目の投稿もやはり流行の病気です

ブログの管理画面を『ダッシュボード』と言うそうです。
これを見ると投稿数がすぐわかるようになっているのですが、この投稿で1,200回目の投稿になります。

ブログを始めたのが2016年6月で、3年9か月(約1360日)経ちました。

投稿数と比べてみると、1日1投稿とはいかなかったのですが、それにしてもまあよく続いたな~と言うのが実感です。

これもひとえに、読んでくださる方がおられて、モチベーションが上がるからであり、あらためて感謝申し上げます。




最初ブログを書き始めたころは、「書くことがいくらでもある」とうそぶいていたものの、ほんとはね、「3カ月も続けばまっいっか」とも思っていたのです。


さて、昨日の投稿で、小泉環境相が政府の対策の会合に欠席したこと を書きました。
小泉氏以外にも政府高官(閣僚)が2名欠席した人がいたそうです。

総理官邸4階大会議室で行われた『「第11回の感染症対策本部」の会合、18時00分から18時15分予定』で、実質は12分だったというどこかの記事で見ましたが。

冒頭で3分少々、安倍総理がスピーチしている動画がありましたが、あとの10分弱で何が話し合われたのかよくわかりません。

政府の会合というのはだいたいこのようなものなのですか?
具体的に会議したという訳でなく、形式的に新型ウィルスへの対応について伝達しただけだったのかな?

こんな会合だから欠席したのかな? と思ってしまいましたが・・。

一般国民としては、この新型の病気は我が国の危機にもなりかねないので、せっかくのこのような場で、侃々諤々(かんかんがくがく)議論してもらいたいと思うものですが、初動からの対策の流れで行っているのですかね。

今から言ってもしょうがないことですが、春節の前の初動で、日本政府が中国からの観光客の入国を認めない措置を取っていたら、この狭い日本で感染が広がることが防げたかもしれない。

またダイヤモンド・プリンセスのほうは、政府はやっていないとは言わないが、結果は悪い方にしかが出ていない。
外国人乗客をもっと早く自国に引き取ってもらうように、なぜできなかったのか? などと?がつくことばかりで、どないなっているの?

やはり日本政府の初動対策は、国民の命・安全を守るということは口ばかりで、経済を優先したもので、結果はその経済が減速し、国民の命・安全も守れないということで、どないなってんねん?

結局新型ウィルスの恐怖に、私のような庶民、団塊OLD年金生活者は、家で引きこもるしかないということになります。

どちらも大事なのですが、あえて国民の命が大事なのか、経済が大事なのか・・・もう一度よく考えないとね~。

国民の命が大事だったら、とりあえず東京マラソンは一般参加を中止にするだけではなく、マラソン自体を中止にすることももう一度検討した方がよくね? と思うものです。
判断するのは政府ではない様ですが・・・。


ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

0 件のコメント: