2020年1月8日水曜日

世界が騒がしいことに思ったこと

「イランが、イラク国内の米国関連施設を15発のミサイルで攻撃し、80人の米国人が亡くなった。米国側からは迎撃はなかった」というイラン国営テレビの報道をロイターが報じたネットニュースがありました。

このイラン国営テレビの報道はかなり衝撃的で、信頼に値するものか判断に迷うところなのですが、米国防総省の発表では、「イランから十数発の弾道ミサイル攻撃を受けた」と認めたものの、被害状況は不明としています。(8日⒒04毎日新聞ネット配信)

さらに共同通信の報道ではトランプ大統領は7日にツイッターで、『今のところ良い方向だ』との認識を示したそうで、日本時間8日深夜~に声明を発表するそうで注目です。

記者会見と言えば、8日の夜レバノンの首都・ベイルートで「すべてを話す」という元日産自動車会長のカルロス・ゴーン容疑者ですが、この記者会見に世界から100人以上のジャーナリストが集まっていると言います。(東洋経済オンライン 8日18:20)

ただ彼の気にいらないメディアや記者は招待されていないというらしいがどんなことを言うのか、どんな記者会見になるか、興味があるところです。
しかし、まあ日本人が期待するような発言はないでしょうが・・・。
なお日本のメディアは4社が出席を許されているとのことです。


国内もお『金をもらった国会議員』の話でもちきりですが、世界を見ると、そんな話よりよっぽど厳しい状況で、正月早々今年も中東から目が離せないようですね。


イランがイラク国内の米関連施設を攻撃したことを報じた、8日15時配信、ロイターのネットニュース。
https://news.yahoo.co.jp/pickup/6347612

米国防総省発表の、毎日新聞のネット配信。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200108-00000023-mai-int

ゴーンが何を語るか、という東洋経済オンラインのネットニュース
https://toyokeizai.net/articles/-/323676


ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

0 件のコメント: