2020年1月9日木曜日

肩すかし・茶番のカルロス・ゴーン被告会見

前日産自動車会長で逃亡者の、カルロス・ゴーン被告の深夜(と言っても日本時間で)のベイルート会見は予想した通り、冒頭から独演会で日本人のわたしにとってはいろんな意味で肩すかしでしたね。
まあ『想定内』ではありますが。


とちぎさんによる写真ACからの写真


 日本で逮捕された罪状は、特別背任罪と金融商品取引法違反などですが、これらの罪状については「私は潔白だ」とするのみで、日本の司法(特に検察)や日産自動車の旧経営陣(特に前社長)の不当さをとうとうと述べた。

なぜ日本から逃げたのかは饒舌に話して正当化していたが、わたしには罪をおかしたことを認識していて、裁判で有罪になって刑務所に行くことから逃げたとしか見えない。

またみんなが知りたかった、どうやって日本から逃げたのかは決して明かさなかったですね。
それを話せば、不法入国でレバノンの警察からも追及されるかも知れないだろうしね。

会見に参加できたテレビ東京の中継を少し見ていましたが、わたしには見るに耐えない茶番会見だったので、夜も遅いし、早々(はやばや)とテレビを切りました。

日本の政府(法務省)はこの会見に対しての反論で、潔白と言うなら正々堂々と日本の裁判を受けて証明するべきだとし、検察もゴーン被告の不当性を主張してはいました。

ここは英語で世界に発信することを積極的にやっていただきたいものです。
そうでないとゴーン被告の発信した思いのままになっていく気がします。

日産の西川前社長は、取材を受けて「あの程度のことだったら、日本で裁判を受ければいい。また裏切られた」と話していました。

一番裏切られたのは、日産自動車の社員と、とくにゴーン被告にリストラされた1万人以上の社員かも知れないなと感じました。

悪人顔の『コストカッター』という触れ込みの外国人のおやじが、日産自動車に乗り込んできた当時のことを覚えていますが、今の事態に陥るとはだれも気が付かなかったんだろうね?

日産のクルマが好きで乗っているユーザーもですね?
わたしも含めて。


ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

0 件のコメント: