2019年12月27日金曜日

笠井信輔氏の「人生プラマイゼロがちょうどいい」


笠井信輔氏56歳、フジテレビで32年間アナウンサーを務め、今年9月末に退社し、10月から張り切ってフリーで仕事を始めた矢先に、青天の霹靂の『悪性リンパ腫』になっていたことを語っていました。

笠井氏の場合は『全身にがんが広がっていて強い抗がん剤が必要。生存率は6割だが若いので7割位」(;゚Д゚)だと主治医から説明を受けたそうです。

笠井氏は「長年テレビで有名人のプライバシーを報じる仕事をしてきたので、自分のことを知ってもらうのは義務だと思った」と話していて、「自分の病気のことでテレビ番組に出たり、ブログでも発信していく」としています。

わたしも笠井氏が出ていたフジテレビの情報番組はときどき見ていて、自分のイメージでは、俺が俺がでガンガン行くタイプではなく、にこやかな人の良さそうなタイプのアナウンサーで、好感を持っていました。

しかし今回の報道では、見た目の一見穏やかそうな、軟弱そうなイメージとは違い、しっかりした強い人だという印象です。

今年フジテレビを辞めると発表があった時、「笠井氏の性格上これから管理職になるのが重荷になったのかな?」とか失礼ながら「彼クラスのアナウンサーだとフリーも大変だから定年まで勤めた方がいいのでは?」などと余計なお世話に思ったものでした。

今回の病気の発表を知った時、お気の毒と思うと同時に、2人に1人ががんになる、人ごとではないとつくづく思いました。
フリーになったばかりで闘病も大変ですが、全て自己責任で費用も大変だろうなと他人事ながら思っています。

『ブログも始めました』ということなので、Amebaブログを見つけて数記事ですが読ませていただきました。

抗がん剤治療や症状のことなど闘病生活の、なかなか濃い内容の投稿がされています。
このブログはお気に入り登録させていただいて、今後も読ませていただきます。

治療が順調に進んで、回復してまたお仕事に復帰できるよう願っています。

わたしの人生はややマイナスだったように思いますが、「人生プラマイゼロがちょうどいい」とはなかなか深い言葉だな(;´・ω・)

ということで、今日はこのへんで。


ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ
にほんブログ村

シニアライフランキング

0 件のコメント: