2019年11月8日金曜日

今日は『薬』の雑談です

古希も過ぎて相変わらず病院にはお世話になっています。
脳神経外科病院、耳鼻咽喉医院、皮膚科クリニック・・・。

耳鼻咽喉科は花粉症(アレルギー鼻炎)が治らない限りは行かなければならないと思いますが、ほか2軒はもうすぐ行かなくてもよくなる予定です。

若いときに比べると、肝臓・腎臓・血管などは《数値》が徐々に悪くなりつつあるので、その代わりにまた別の病院(内科とか泌尿器科)に行かなければならなくなりそうかな?

今年の夏に70歳になり、めでたく医療費の自己負担が3割⇨2割になりましたが、そういうことで医療費の支払いはそう簡単に下がることはなさそうです。

とは言え、医療費が2割事故負担になったということは、税金や健康保険から8割も負担してくれるということでありがたいことですが、それだけ年をとったということで複雑な気持ちですね?


てふてふさんによる写真ACからの写真


病気になれば、飲む『薬』が増え、それでまた肝臓やその他の内臓に負担がかかり、だんだんと内臓が弱ってくる悪循環に陥るような気がします。

それでも病気を治す『薬』がまた病気を増やすのか?
1年に50兆円に近い医療費を使っても病気が減らずに、医療費も病気も増える一方のようです。

『薬』をどんどん飲むからどんどん病気が増える?
⇨『薬』はこわいなあ~。

『薬』といえば、「田代まさし『薬』で5度目の逮捕」と言うニュースがありました。

5回目の逮捕ということで、もちろん「懲りないな~」「社会を舐めている」という批判がありますが、わたしは「ホントに薬はやめられないのだ、やはりこの薬は怖いなあ~」「密売組織=「反社」が金づるとして離さないのかな?」などと思ったもののそれほど驚くことはなかった。

さすがに、テレビでは朝から晩までそのニュースをやっていました。

そのニュースを見たあと、田代氏がやっているユーチューブのブラック・マーシーの動画をいくつか見たのですが、チャンネル登録6万人超、1本の視聴数10万回以上という人気の動画の様でした。

むかし舘ひろし氏や岩城滉一氏らと組んでいた、ロックバンド「COOLS」の佐藤秀光氏と、『田代まさし ブラック・マーシー半生と反省を語る』として、基本的に辛い刑務所体験あるあるや、芸能界で付きあった人々のことなどを佐藤氏が聞く形で、ブラック・マーシーがちょっと面白おかしくギャグを交えて語っているチャンネルです。

その話っぷりはやはりプロだねと思うし、掛け合いがかみ合わないのもご愛敬ですが、田代氏、どうもろれつが回りにくいように見える動画の日もあった・・。

でも前回に逮捕された時の痩せこけた顔の時や、数年前にダルクで仕事をしていたときにインタビューに答えていたころの自信なさのときとは全く別人のようでした。


自業自得とは言え、63歳になってこれから何年か辛い刑務所生活を送らなければならないことになると、『もののあはれ』さも感じてしまいました。

次に刑務所を出て来たら、きっちり『薬』を断つ治療と生活を送り、その経験をユーチューブ動画に上げて、また反省を話していただけたらと思います。


ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

0 件のコメント:

コメントを投稿