2019年11月15日金曜日

ブログが書けないと嘆く老マイナーブロガー

わたしのパソコンでYouTubeを開くと、『おすすめ』によくN国党関連の動画が出ていて、つい見てしまいます。

立花孝志党首率いるN国党の存在や考えは、国民(有権者)にはそれほど浸透しているわけではありません。
一般的には、なんだか危ない人(やばい?)たち、または得体の知れない人たちの様に見えているのかなと思います。


N国党の多くの部分がけっこうオープンになっており、最近は目まぐるしい動きになっているようです。


N国党ホームページより


そしてN国党をウォッチしていると、いろんあキャラクターが登場するのが面白くて、「自分のブログを書く暇もない」と、嘆いている老ブロガーとはわたしのことですね(;´・ω・)
ユーチューブばっかり見ていてホントに自分のブログが書けない。


今年の7月の参議院選に、立花党首はじめ党員の面々が立候補し、立花党首が当選してから俄然マスコミを賑わしました。

《対マツコ・デラックス、東京MX問題》の頃からぱったりとマスコミからは無視されていますが、いまだにネット界隈ではなかなかの人気なのです。

そしてここ1カ月前くらいのいわゆる『平塚×林・吉田・田中  騒動』で、劇場でいえば第二幕が降ろされ、いまだに続いています。

あえて劇場に例えてみましたが、その騒動に登場する出演者の方々を御紹介します。
少し登場しただけで、後は関わりたくないという方も見受けられます。


N国党党員・党関係者

立花孝志党首

林大祐・座間市議会議員選挙公認候補
吉田真人・党公設秘書
田中健・立花党首⇨浜田聡参議院議員の政策秘書

大橋正信・柏市議会議員   (最古参、YouTube発信、人気あり)
酒谷和秀・春日部市議会議員 (YouTube発信、けっこう人気あり)
塩田和久・川口市議会議員  (       〃       )
最勝寺辰也・鹿児島市議会議員選挙公認候補
松田わたる練馬区議・みき新宿区議夫妻  
坂本雅彦・我孫子市議会議員選挙公認候補

新田雅哉・衆議院選挙立候補予定・ニックマック 
片岡将志・  〃      ・ジャーナリストNaoki
平塚正幸・四街道市議会議員選挙公認候補・さゆふらっとまうんど

以上、( )内はわたしの感想です。

そしてN国を愛している?面白いので動画を上げる?嫌いだが絡みたい?など関心を持っているYouTuber、さらにその動画を見てしまうわたし。

気まぐれひろき
豚骨やまゆう
NEXTタケシ
失敗小僧。
天野のメモ
川崎玲央
カピバラチャンネル
のがわ十五チャンネル
XX柴田
政経ゆっくりチャンネル
チョコチョコ
えらてん
みずにゃん
サーファーTAKASHIAI
メンタリストDaiGo
その他多数のYouTuberの皆さま、敬称略で失礼。


この騒動の発端は、埼玉補選時の池袋駅選挙活動中に、YouTube動画配信していた平塚氏に、林氏が現場で掣肘(せいちゅう)したことに始まるが、それ以前に林氏ー吉田氏ラインが、元々アンチの平塚氏をよく思っていなかったということがあると言われています。

[掣肘;呂氏春秋の故事から、脇から干渉してその行動を妨げること]

そしてこの騒動は10月30日の党の総会で、党首の鶴の一声で一応の決着を見たもののその後もくすぶっており、田中氏と平塚氏の対立にも発展し、平塚氏のライブ配信がバンされたり、それを異議申し立てを行ったりと、いまだ収まっていないようです。

多くの党関係者は様子見模様で、立花党首はいつまでも内紛やっているなら、党を出てもらうとも発言。

ユーチューバーの方々も、N国党支持、平塚支持、アンチN国党、アンチN国なれどN国好き、など様々な人たちがおり、それぞれ個性があっておもしろい。
どれがどれかは、関心がある方はユーチューブで検索してみてくださいね。

わたしはNHK受信料は衛星契約しているもので、N国党を積極的には応援をしていませんが、今のところ少なからず好意はもって見ています。

N国党の主張を聞いていると、NHKの受信料はやはり高すぎるとは思い、半額位になればうれしいし、N国党が目指すとされるスクランブル化すれば衛星放送は契約しなくなるかと思います。

それはそうとして、わたしには『N国党劇場』は映画やテレビより面白いかも知れません(;´・ω・)


ブログランキングに参加しています。

0 件のコメント:

コメントを投稿