2019年10月14日月曜日

『直ちに命を守る行動をしてください』(;゚Д゚)

天災は、もはや忘れないうちにやってくる。

3~4年前からではないかと思いますが、台風の接近前や梅雨時の大雨の特別警報がでている時に、気象庁の発表担当者やNHK、民放テレビのアナウンサーが、決まって言うようになった、『直ちに命を守る行動をしてください(`・ω・´)』という言葉。

この言葉を聞いたらどうしたらいいのか? いろいろと考えられるが、究極的には《危険そうな場所にいたら早めの避難、それも日のあるうちにいたら!》ということに尽きるかなと思います。


確かにこの言葉を聞くと当初は緊迫感が伝わってきましたが、最近は慣用句の様になって、「それは分かっているよ」と何となく人ごとのように感じて、緊迫感はそれほどではないようになってきました。




私の住む市の、いわゆる町内会(自治会)は人口1万人以上はいるのですが、全住民に避難勧告だか避難指示が出されたら、学校や公民館などの公的施設の避難場所の収容人員は、その十分の一位しかないような感じです。

とても全員が避難できる場所はありません。

わが家の避難場所の小学校は、ハザードマップで見ると、水害の時には水没と言うか床上浸水になってしまう場所になっていて、それならマンションにいた方がいいという判断になってしまいます。

まただれが避難しろと言っても、避難しない人もいますね?
体が不自由な人は別としてですが、これも個人の課題でもあり、自己責任の範疇になるかも知れません。

こんなことを思っていましたが、幸い今回はわたしの住む地域は川の水位も上がらず、避難場所の設定はされましたが、避難指示は出ませんでした。

でもいつ洪水が襲ってくるか分からず、毎年その準備はしなければね、と思うだけは思っています。
「避難指示に従わずに命の危険があっても自己責任だ」、といっても結局自治体は救助をしてくれるので、有り難い国だなと思いますね。


ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

0 件のコメント:

コメントを投稿