2019年10月29日火曜日

『野焼き』の苦情

『野焼き』は古くから行われてきて、晩秋のー春のところもあるようですがー風物詩で、日本人の心に残る農村ののどかな風景でもありました。

ei-miさんによる写真ACからの写真


 ひと山焼いてしまうほどの大きな野焼きは、わたしの住んでいる県では見たことはありませんが、この季節、田んぼや畑の稲わらや枯れ草を焼いて、白い煙が黙々と上がるのはいまだによく見ます。

しかし今どきは、❝野焼きがのどか・・・❞などとは言っていられない時代で、どこの地域でも徐々に規制が厳しくなっています。


私が住む市では、野焼きはごみの焼却と同等に扱われています。
市のホームページには、《ごみの焼却(野焼き)は法律で禁止されています》とうたわれていて、かなりそっけないです。

違反すると5年以下の懲役もしくは1,000万円以下の罰金またはその両方に処せられることがある。
法人にはさらに3億円以下の両罰規定があるとされていて、厳しいですね。

ただ例外規定があるのですが、
1)どんど焼きなどの地域や宗教行事での焼却
2)農業者が行う稲わら・剪定枝などの焼却でやむを得ないもの
3)暖を取るための焚火など日常生活で通常行われる軽微なもの など
但し苦情が出た場合は指導の対象となる場合があるとしています。

1)についてはまず誰も苦情をいう人はいないと思いますが、2)と3)については、地域や場合によっては微妙になるかと思います。

私が住むマンションは住宅地の中にあり、近隣では田圃はほぼなくなりましたが、ところどころ畑も残っており、すぐ隣では高齢の地主さんが野菜や麦などを作っています。

先日、朝起きたら妙に焦げ臭いというか煙くさい匂いがします。
我慢できないほどでなく、上の階の旦那がよくベランダでタバコを吸っているその匂いとも違う、「なんだろなあ~」とベランダから外を見ると、隣の畑で草とか野菜の枝などを『野焼き』をしているのでした。

するとまもなく消防署員が2名やってきて、『野焼き』をやめさせているような光景でした。
その地主さんと消防署員の会話は聞こえませんが、地主さんもしぶしぶ納得したらしく、まもなく火は収まりました。
おそらく近隣から苦情があったものと思われます。

例外規定があっても苦情があれば、指導の対象となる事例がすぐとなりでありました。
苦情を入れる方の気持ちもわかります。
結構煙たい匂いがしていたので・・・。

おそらくその地主さんの土地は、江戸時代または明治時代くらいからそこにあり、苦情を入れた住民はせいぜい数十年か十数年かと思われます。

これは野焼きではないですがもっとひどい例が、数年前にありました。
勤めていた会社のとなりに、個人経営の自動車修理工場があり、そこでドラム缶で作ったような焼却炉で、何を考えていたか、なんとタイヤを燃やしていたのです。

真っ黒い煙がもくもくと立ち上がり、百数十メートル四方に目と鼻を刺激するツンとする刺激臭がたちこめ、これはやばいと持っていたら、やはり通報があったようで、警察と市の環境部の職員が立ち入り、逮捕寸前のような事もありました。

農作物の後始末にしろ、街中の落ち葉の処理にしろ、『野焼き』をする場合は、法律でOKとなっていても苦情が来ればダメ!ということになる場合もあるので、ご注意願いたいと思います。




参議院埼玉補選の結果

当選  上田清司  無所属  106万5390票

        立花孝志 N国党      16万8289票


感想: 投票率は20.81% で低いですね。
        立花氏はもう少し行くかと思ったのですが、低いですね。
        つぎは海老名市長選出馬ですか?、ご健闘を・・・・。



ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

0 件のコメント:

コメントを投稿