2019年9月28日土曜日

貴ノ富士の自主引退勧告は重すぎない、むしろ軽すぎる

またか!(`・ω・´)キリ
貴ノ富士なんて立派なしこ名をつけてもらったのに・・・。


付け人に対して、2度目の暴行事件を起こした十両貴ノ富士(千賀の浦部屋)、日本相撲協会から自主引退を促されていた中で、これを『処分が重すぎて』不服として、弁護士同席で引退を拒否する記者会見を開いたニュース。

相撲協会としては、「自主引退(の処分)を受け入れるか否かを、まず相撲協会に返答するのが筋」なのに、それを無視して拒否する記者会見を開いたことには、あきれているという報道もありましたが、実際は怒り心頭なのだと思います。

彼が付け人に1度目の暴行傷害事件一般社会では逮捕・有罪案件を起こした後、親方に『再び暴力を振るった場合は引退する』旨の誓約書を出しており、部屋の付け人たちからも恐れられていたそうです。

そして起こるべくして起こったような暴行事件ですが、こぶができていることで、被害者は診断書をとって訴えれば十分に傷害事件になるくらいです。

彼の言い分はいろいろありましたが、殴ったのは申し訳ないとしながらも、「軽く拳固をくれただけで大した怪我もしていないのに、引退処分は重すぎる」「行っても聞かない付け人に殴ったらだめだと相撲協会は教えてくれなかった」ということですか。

これはに同席している弁護士たちに言いくるめられた発言だとしか思えないですね?

この会見での弁明・主張は周囲だけでなく国民からも、全く共感は得られておらず『頭が悪く暴力的な上に痛い力士』と思われてしまうのが残念です。

このままいくと、懲戒解雇になりそうな雰囲気で、自業自得。
相撲協会の温情で、まだ若いことを考慮して、懲戒解雇のような不名誉な処分でなく、また退職金の出る自主引退を勧告したのが分からないのだろうか?

それにしても気の毒なのは、めちゃめちゃになった貴乃花部屋の力士を温情で迎え入れた結果、飼い犬に手を噛まれるような仕打ちを受け、自分の部屋もめちゃくちゃにされ、相撲協会からも処分され、踏んだり蹴ったりで人の良さそうな千賀の浦親方ですね。

当然貴ノ富士は引退か解雇になるのだと思うが、暴力的体質のある彼を一般社会に放したら被害を受ける人たちが出そうな気がします。

職業選択の自由はありますが、本人のためにも、被害者を出さないためそういうことにならないために、相撲協会の目の届く範囲での仕事を進めてもらった方がいいかも、とも思ったりもします。


現在の『顔面末梢神経麻痺』の自己診断回復率 : 27.5% 

一進一退


ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

0 件のコメント:

コメントを投稿