2019年7月9日火曜日

常識・・と霜降り明星のこと

午後7時位から日本酒をちびちび飲みながら夕食にしていたら、「そんなコト考えた事なかったクイズ」と言う、3時間スペシャルのバラエティ番組をやっていました。
大阪ABC-テレビ朝日系列の番組です。

霜降り明星の粗品とせいや(Wikipedia)が出ていたので、ちょっと見ることにしました。


ダウンタウンの浜田雅功が司会を務め、解答者が平成生まれの30人(霜降り明星の2人、ダレノガレ明美、那須川天心他)、昭和生まれのパネラー7人(勝俣州和、川島明、小峠英二、東山紀之、千原ジュニア、榊原郁恵、矢田亜希子)。

昭和生まれのパネラーには当たり前の事で、「えっこんな常識がわからないの?」と思う問題が、平成生まれには分からなく、珍解答が続出。

例1、例えば水道の水の出口を何というか? ⇨答え:蛇口
例2、東山紀之のようなハンサムを〇枚目というか?⇨答え:二 

イメージ
カメラ兄さんさんによる写真ACからの写真

 しかし、①蛇口はなぜ蛇口と言うのか? とか
②歌舞伎には一枚目から八枚目まであるが、八枚目は何の役割? 
などという質問には昭和生まれもなかなか解らない。

こちらになると、自分にも良く分からず、これは常識ですと言われると「恐れ入りました<m(__)m>」となってしまいます。

①の答え:明治に開設された水道の共用栓は龍の形で、その後家庭などの専用栓が作られると龍の子のようなものであるから、蛇が使われ、蛇口となった。
②の答え:座長、元締め

「うーんむっ!」、勉強になります。

『若いもんの常識のなさ』を笑ってばかりもいられない今日この頃ですね?

この番組は1時間ほど見ていたのですが、カミさんが他のチャンネルに変えてしまいました。
チャンネル権(古い言葉ですが)はカミさんにあります(;´・ω・)💦

霜降り明星は、現在人気好調でいろんなテレビのバラエティに出ていますが、バラエティ番組のひな壇では、その良さ、面白さが今一つ出ないように思います。

人によっては霜降り明星をきびしい眼で見、彼らの良さが分からず低評価の方もおられるようです。

しかし、わたしは彼らの才能を高く評価しているものですが、今現在では彼らは漫才でネタをしている時と、ラジオのフリートークが一番面白いという気がしています。

                     ※文中敬称略

ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村

人気ブログランキング

0 件のコメント:

コメントを投稿