2019年6月13日木曜日

受水槽で泳ぐバカな動画の件

マンションの受水槽の中で、水着?姿らしい男たちが泳いでいる動画が上がっていて、気色悪いのなんの、びっくりしたことが2日ほど前にありました。

受水槽のイメージ
masa2さんによる写真ACからの写真

 今日のYAHOOニュースで、『受水槽で遊泳、動画は協力会社作業員 ダイワハウスおわび』という記事があり、その作業員たちの身元がばれました。(そのニュースのURLは下記です)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190613-00000084-asahi-soci

大和ハウスが公表する前に、動画が拡散していることを把握したマンション管理会社が、飲料水のペットボトルを配り受水槽を清掃したり水質検査を行ったということです。

大和ハウスも一生懸命つき止めて公表したと思うのですが、そのマンションの住人にとっては、怒り心頭で許せない気持ちは収まらんでしょうね?

勿論その男たちが最も悪いのは当然ですが、大和ハウスが依頼してその業務中の動画だとすると、最終責任を取らなければならない場合もあり、被害甚大ですね。

被害者の立場に立つと、わたしのマンションも敷地内に大きな受水槽があり、もしこのようないたずらなどで入られて、中を汚されてもこんな動画でもなければ確認のしようがなく、他人ごとではなく、ただただ恐ろしい気がします。(゚Д゚;)💦

今年度は私もマンション管理組合の役員になっているので、受水槽の蓋のボルトを第三者が簡単に開けられないように、錠(鍵)を付けられるか検討しなくてはならなくなるようです。

水は命の源であるからして・・・


ファミリーレストランや回転寿司での、アホなアルバイトの「不適切な」動画を見ていて、他人事ながら気の毒だな、と思っていたら、今回の『受水槽水泳事件』の動画を見ると、このようなことがごく身近で起こりかねないと思いつつ、危機管理を強めなければならないと実感したものでした。

ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ
にほんブログ村

シニアライフランキング

0 件のコメント:

コメントを投稿