2019年5月27日月曜日

椅子の上に乗るのは危ない件

昨日の夕方、マンションのエントランスで、親しいA氏に出会い、10分ほど立ち話をしました。
A氏は私より5歳ほど若く、定年リタイアして1年くらいかな?


A氏「あっどうもこんばんは(^^)」

私「いや~お久しぶり(o^―^o)ニコ」

A氏「実は金曜日まで大学病院に入院していて、土曜日に帰ってきたんですよ」

私「ええーっ(;゚Д゚)💦・・・」

A氏「この前の月曜日に大雨が降ったでしょう。火曜日にベランダがちょっと気になって、椅子の上に乗って天井を見ていたら、バランスを崩して、ひっくり返ったんですよ(;´Д`)」

私「えーっ全然知りませんでした」

A氏「それで顔を床に打ってしまって、痛くて血が出てきたので救急車を呼んだら大学病院に、連れてってくれて、即入院したんですよ」

私「そんなふうには見えない。それは大変でしたね(;´Д`)」

A氏「頬の骨が骨折していて、4日間点滴をしていて、金曜に退院したんです。」

私「手術は必要なかったんですか?」

A氏「頬の骨は薄くて手術する必要はないということで、顔の腫れが引いたので4日で退院できました。目を打たなくてよかったですよ」

A氏のお顔は、まだ少し腫れが残っているものの、見た目ではそれほどひどいようには見えず、腕をベランダのどこかに打った傷はまだ痛々しいようでしたが、不幸中の幸いでしたようです。

私「年をとるとバランスを崩すことが多く、怖いですね?」

A氏「椅子の上に何げなく乗ったのですが、これは一番危険ですね」

私「いや~注意しなくては、ですね・・・。」

椅子や何かの台の上に乗って、高いところの物を取ったりすることは時どきあり、バランスを崩すことは考えられことで、A氏の話を聞いてホントに注意しなくてはと改めて思った次第です。

それにしてもA氏、後遺症など出なければいいですね。
こういうことの後に体調を崩したりすることをよく聞くのでね。

医学的な細部は良く分からないのですが、A氏の話されたことを、ほぼそのまま書きました。

ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

0 件のコメント:

コメントを投稿