2019年5月22日水曜日

池袋暴走車のニュースで疑問に思うこと

先月19日に起きた池袋での暴走事故の件は、意見をブログでも書きました。  ⇨池袋の高齢運転者暴走事故を考える

あれから1カ月過ぎ、「アクセルが戻らなかった」と主張する、87歳加害者が警察に事情聴取に向かう映像をテレビで見ましたが、改めてこのおじいさんがクルマの運転をしたのが、間違いのもとだったのだな~と、つくづく・・・。

この事件に関しては、さまざまな報道がされ、さまざまな意見がコメントされていますが、そんな中でいまひとつ分からないことがあります。

この老人の運転していたクルマは、人気のトヨタプリウスで、大衆車よりは高級の部類に入ります。
いろんな装備がされており、この当該車両も衝突被害軽減制動装置歩行者検知・衝突回避の装置も当然つけていることと、普通に思いますが、このクルマには付いていないという情報もあります。

今回の事故はパニックになった加害者が、アクセルを踏み続けたものと思われ、また一瞬のことなので、付いていた場合に安全装置が作動する時間がなかったか、作動する条件に満たなかったのか、そもそも装備されていなかったかいづれかでしょうね。

警察とメーカーが立ち合い点検を行ったが、アクセルとブレーキには異常がなかったと報道もされていますが、安全装置の方はどうだったのかと言うことは、報道されていません。

詳しく調べればわかると思いますが、もし装備されていないクルマだったとしたら、どうしようもないですね。
これだけの経歴で、お金がないとは思えない老人が、安全装置を付けないクルマに乗るとは、効いたか効かなかったかは置いとくとしても、とんでもないと思わざるを得ません。

社会の末端の年金生活者のわたしでさえ、Hondaの軽N-WGNの安全装置(Honda SENSINGという)付きにしています。
ただ、まだ1度も作動させたことがないので、本当に効くかは自信がいま一つないのですが。

高齢で運転に自信があったとしても、クルマの代金に比べれば僅かな差額で、この安全装置を付きのクルマにするのは、最低限のマナーなのではないかと思うんだけどな~(;´・ω・)

こんなことになる前にね・・・。

ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村

シニアライフランキング

0 件のコメント:

コメントを投稿