2019年4月1日月曜日

新元号、万葉集出典「令和」、響きがいいね


出典:首相官邸ホームページ

『平成最後の』という言葉がよく使われましたが、いよいよ平成最後の月・4月で、1日の本日は新元号が決定される(された)日です。

昭和20年代生まれの団塊定年おじさんも、ワクワクしながら、菅官房長官の発表をしっかり見届けたいと思いつつNHKテレビを見ている所です。

新元号制定の流れが進み、全閣僚会議が終わり、臨時閣議のあと『青いネクタイ』で菅官房長官が新元号の発表をしました。
「新しい元号は、れいわであります。」
えっどんな字を書くの?
すかさずめ菅官房長官は「令和」と書かれた墨書を掲げました。

れいわの言葉を聞いた時に一瞬字が思い浮かばず、冷たいという字に通ずるのかと思ったのですが、額縁に入った墨書の「令和」の字を見て納得しました。

の文字は初めて元号に使った文字のようですが、日本の古典『万葉集』出典ということと、相手に対する尊敬の念を表す文字で凛とした響きがあり、この点がとても良さそうですね。

「平成」の時も何となく軽い感じがしたのですが、徐々に慣れ親しんできたので、この「令和」もそのようになることでしょう。(o^―^o)ニコ

元号に対しては、日本だけにしかない古いものなので、世界標準に合わせて西暦だけにしたほうがいいとか、強制するなとか言っている方々もおられるようです。

逆に日本にしかないとすれば、ダメなものと考えるのではなく、欧米を始め他の王政の国でも持ちたいと思っても持てないもので、これはとても重要なソフトパワーであり、誇るべき文化であり歴史であると考えた方がいいのではと思うものですがね。

初春の月にして 気淑(よ)く風らぎ 梅は鏡前の粉を披(ひら)き 欄は珮後(はいご)の香を薫らす (『万葉集』梅花の歌)

わたしが若いころ「明治は遠くなりにけり」とよくいわれましたが、新しい元号の時代では、「昭和も遠くなりにけり」となって、「昭和」の時代の「明治」のようなイメージになるのでしょうか。

明治がなくなり、「令和」が代わりに来ることになり、「昭和」が最も古くなるのも感慨深いものです。


安倍総理大臣の記者会見で、「人々が美しく心を寄せ合う中で、文化が生まれ育つ意味が込められている」という説明も良く分かり、新しい時代にこの新しい元号で良かったのではないかと思ったところで、とりあえずこれまで。

日記ブログを書いている皆さんで、この新元号「令和」を取り上げている方も多いと思いますが、わたしも漏れずにリアルタイムで書いてみました。(;´・ω・)

追記:少し加筆しました。

ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村

人気ブログランキング

0 件のコメント:

コメントを投稿