2019年3月9日土曜日

床屋のひげそりは恐怖なのです

2カ月ぶりくらいに床屋(理容店)に行ってきました。
定年リタイアしてから行き出した全国チェーンの理容店で、もう5年程行っています。

平日の昼ころで空いており、店に入ったらすぐやってもらいました。
理容師さんが交代で昼休憩なのか、いつも5~6人いるのですが、今日は3人。

そのうちの時どき顔を見る、おばさんの女性理容師に当たりました。
半年くらい前に入った人でしょうか。
髪の毛をやや短めに散髪してもらい、次は髭剃り。


前は「肌が弱いので髭剃りは軽くでいいです(o^―^o)ニコ」と言ったりしていたのですが、今日はそれを言わなかったので、女性のわりにはけっこう強い力で、剃刀でゴシゴシ!(゚Д゚;)💦

一般的に床屋の髭剃りは強烈です。
昔から髭剃りでは何回も痛い目に遭っているのですが、最近は油断をしていました。
あっやられたかも?
ピリッと感じて、血が滲みだしてきました。

おばさん「あっスミマセン、痛くないですか?」
私、(痛いよ!傷から血が出るのはいやだよ)「いえっ、そんなに痛くないので大丈夫ですよ」
まあ文句言ってもしょうがないからな~、紳士的に(;´Д`)
今度はまた前の様に必ず「髭剃りは軽~くやってください(;´・ω・)」と言おうっと。

昔から床屋の髭剃りは恐怖です。
何気ない理容店のはなしでした。

ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

0 件のコメント: