2019年3月25日月曜日

AMラジオも去りゆくのかな~?(1)

こんばんは、根が地味な性格でAMラジオが好きな者です。
AMラジオを聴く人が地味、と言っているわけではありません。
「逆もまた真なり」ではないようで・・・。


      Gerhard GellingerによるPixabayからの画像

2日前に、共同通信などが伝えた、それほど大きくない記事の要約ですが、
ラジオのAM放送を廃止し、FM放送に転換できる様にするため、民放連が総務省に制度改革を求める方針を決めたとのこと。
27日に開かれる総務省の有識者会議に民放連代表が表明する。
AMラジオ局は広告収入の低迷の状態が多く、放送を災害対策として実施している、「ワイドFM」に2028年までに1本化したい考え。

根が内気な性格で、さかのぼれば小学生のころから、地味にラジオのAM放送にお世話になっていたものにとっては、地味な記事とは言え、かなりの衝撃ですね。

要約をさらに要約すると、「AMラジオは聞く人が減って、広告収入も減って採算が取れないから、もうやめたい」ということですかね?
ただ民放はAMラジオをやめたい方向だが、NHKのAMラジオはそれとは関係なしで、続けるのだと理解しました。

この報道には賛否両論あり、真面目に考えれば考えるほど「否」が多く、「否だけどしょうがないかな」とか「賛」の意見はほとんど見当たらない様です。

この話はAMラジオを必要とする聴取者のことや、廃止するデメリット(これは計り知れなく大きなもので、国益にも関わるものである)は論ぜずに、最初から廃止する前提の「改革案」を出すというのは、経営者が会社の利益しか考えていないと思われて、残念な感じでです。

経営・利益の問題だとしたら、AMラジオは国民にとって大切なインフラであり、FM放送にはない利点があり、これを「廃止する」という提言をする前に、やれることはまだあるのではないかと思うのは、わたしだけではないはずです。(文章にカッコつけてしまいました)

AMラジオにまつわる思い出もたくさんありますので、『真面目に』考えて次回にこれも含めて、いろいろ書きたいと思います。

ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

0 件のコメント:

コメントを投稿