2019年3月11日月曜日

認知症の妹とその家族のことで悩んでいます

わたしの身近にいる主婦の方の相談です。
早速お悩みを聞いてみましょう。



「主婦です。夫が『団塊定年おじさん』の主婦です。高齢者の主婦です。
3歳下の妹(とその家族)のことで悩んでいます。

妹はアルツハイマー型認知症で、旦那は3年前に亡くなり、その息子(甥)は上場会社勤務ですがDVっ気がありで、嫁さんは『離婚して高校を卒業した娘(妹の孫です)と一緒に家を出て行きたい』と私に話しており、妹の家庭はうまく行っていません。

本当にお腹が空いているのか、認知症のせいで言うのか分かりませんが、妹はいつもお腹が空いているというので、わたしが妹のところに行くときは、弁当とかおにぎりとかパンを持っていくようにしますが、あっという間にペロリと食べます。

嫁さんが家を出て行きたいと思っているのはかなり以前からだそうで、理由は長年の、夫のDV+姑(私の妹)の理解のない言動だそうです。

認知症の症状がでたころから、妹がお金を嫁に盗られると私に言ったり
嫁に対して言ったりということが何度かありました。

妹の息子(甥)は、母親がアルツハイマーになったことに全く理解が無く『そんな病気になるのは自分が悪いからだ、自分は親に迷惑ばかりかけられている。嫁が出て行っても母親には最低限のことしかしない』などと言って、かなり自暴自棄の様に見えます。

妹の家庭は修復不可能な様に思えてなりません。
病気になった妹も気が強いし、甥も気が強く、口喧嘩はいつものことだそうで、妹と嫁の関係も良くなく、症状が進みつつある妹のことで甥にいろいろ意見(アドバイス)を言っても、甥は「嫁が出て行っても親には朝・昼はパンでも与えておく。最低限のことはするので、叔母さんは口を出さないでくれ(`・ω・´)キリ」と言っております。

今日(10日)も甥に、これから妹のことで話に行きたいと、電話で言ったら、『なんで来るんだ。今から用事で出るし、第一話なんかないし、前にもうちの家のことはほっといてくれと言ったろう!』最後には『ばかやろう』と言われて電話を切られました。

この言葉ははじめてです(;´Д`)💦
こんな言葉を聞くと、『このなまいきなクソガキめ、昔学校に行くときからいろいろ世話をしてやったろう、なんて言葉を言うんだ』と思い、本当に完全に放っておきたくなりますが、それでも妹が心配と言う気持ちもあります。

そのあと、夫に運転してもらって妹の家に行ったのですが、甥は出かけておりました。
妹と嫁さんがいたので別々に各1時間ほど話しましたが、状況は徐々に悪くなっていきそうです。
嫁さんが春から家を出て行くというのは、今のところ5分5分の様に思います。

気の強い妹で、時どき言い合いのようなこともあったのですが、今は病気でたった1人の妹なのでやはり心配です。
今後、妹とこの家族にどのように付き合っていいかよくわからなくなってきたとです。」(少し九州熊本弁が出ましたが関東出身です)

いやーわたしの《身近な主婦》のお悩み相談で、私なりに答えますね。


この甥が高校を卒業して、東京の学校に行った頃から、店をやっていて忙しい妹夫婦に代わって、不動産屋を周ってアパートを捜して保証人になってやったり、時どき(新宿などで)にステーキを食べたりして見守っていて、言っちゃ悪いがお世話をしていたのですね。

それで現在でも息子に近いような、身内愛を感じていたつもりなのですね。
しかし現在は甥も家庭の中がガタガタでストレスもたまっていて、あなたがアドバイスしているつもりでも、向こうは鬱陶しいのでしょう。

これからは心配な妹さんに、電話をしたり、月に1~2回ほど会いに行く位にして、「うちのことは放っといてくれ」という甥には何にも言わないようにしましょう。
妹の面倒を見る責任は最終的に息子なのですから。

あなたの旦那はその偏屈な甥のことは好きではなく、評価もしていないので、話もしたくないと言っています。

妹の病気が進むことが心配なことでしょうが、つかず離れず見守りましょう。

ということで、今日はこの辺で。

ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

0 件のコメント: