2018年12月17日月曜日

退職金の浮かれた使い道って?

発言小町で見た質問の感想とわたしの答えです。

質問の概要は、
定年退職でかなりのまとまったお金が入って、浮かれてしまった方、今までとは考えられないお金の使い方をしてしまった方のエピソードを聞かせてください。
大金を手にし、豪華客船クルーズや高級車であっという間に使い果たし、老後破産も珍しくないという話を聞いて・・。 
旦那が1つ目の会社倒産で退職なし、2つ目も薄給で退職金少ない方の奥さんの質問です。
ネットではこの質問に、もうかなりの人が答えていますが、派手に使った回答はあまり無く、堅実な方が多いようです。

わたしの場合を書きますね。
まずわたしの場合は、退職金で大金は入ってきませんでした(;´・ω・)

中小零細企業を途中入社、20数年勤めただけの勤続年数で、1年×10万円位の計算なので、金額はだいたいおわかりかと思います。

使い先は先ず車ですね、高級車ではないので、それほど高くなかったですが、それでも2台古い車(9年乗ったプレマシーと7年乗ったEKワゴン)のうちプレマシーを下取り(金額は3万円程)にして、日産ノートの新車ほぼフル装備ご購入!(210万円)

それと7泊8日の北海道旅行(2名で約30万円)で、所謂退職金は無くなりました。
あっけないものでした。(;´Д`)

更に翌年、カミさんの「ノートは(軽にくらべて)ボンネットが長くて運転しにくいので、新しい軽で家に1台だけにしたい(`・ω・´)キリ」という要望で、1年しか乗っていないノートを売り、EKワゴンを下取りにして、HondaのN-WGNを買ったため、計50万円の持ち出し出費、これで退職金は赤字になってしまいました。

今思うと、何をやっていたのか?この車の買い方は自分でも異常だったと思います。
プレマシーも、乗ろうと思えばあと5年位は乗れたのになあ~。

でも「今のN軽は経費があまりかからず、調子が良くて正解だったかも」とやや自分の心をごまかしています。

イメージ
Masako ShinzatoによるPixabayからの画像


さすがに豪華客船で世界一周や、高級車を買うということはしませんできませんでしたが、自分でもしっかりして、けっこう質素にしているつもりでも、いつもより少し多いお金が入ると気が大きくなるものですね。

この時の「失敗」を教訓にして、今は自分では質素にしていると思ってはいるのですが・・・。
支出のカテゴリーを来ていただくと、毎月末に1カ月の支出を公開していますのでご参考に。

なお豪華客船ですが、今年の春にMSCスプレンディダ号で8日間の日本1周というクルーズに参加しましたが、出費はすべてで2名で60万円程でした。
この位のクルーズの出費でしたら、老後破産するほどでもないな、と思っています。

わが家の場合は、「人生の最後に葬式代とあとかたずけしてもらう費用が残っていれば、後はお金はいらないね?」と、カミさんと話しています。

今日も読んでいただきましてありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村

人気ブログランキング

0 件のコメント:

コメントを投稿