2018年12月27日木曜日

世帯年収390万円で住宅購入希望

ヤフー知恵袋で見つけた質問

夫35歳準社員勤続4年・年収270万。妻36歳パート年収120万。世帯年収390万円。子供小学生2人。現在家賃7万の賃貸。地方(田舎)の2070万の建売住宅購入検討。ローンは30年か35年を検討、頭金は最低いくら必要ですか?ちなみに3~500万で見ています。マイホームより、今の賃貸に住み続ける方が良いですか。


マイホームを3回住み替えたおじさんの経験をかんがみつつ、専門家ではないので、無責任ですが答えますね。

頭金ですが、これは多いほど良いわけですが、少なくとも購入価格の2割は欲しいところで、400万ちょっと。
まず失礼ながら年齢と年収・家族構成、旦那さんが準社員で今後の昇給はどのようなものかを考えると、何とかなりそうとはいえ、ぎりぎりで厳しい状況が伝わってきます。

年齢が35歳なので70歳までの35年ローンは、借りられたとしても先が見えにくいです。繰り上げ返済していくという考えもありますが、30年以内で考えましょう。

子供2人はこれから教育費だけでもどんどんお金がかっていきます。
ローンを組んでいれば、奥さんもパートは止めることはできませんね。

そして、家を買う時はとかく、「いくらまで借りられるか」の方に考えが行きそうですが、それより「毎月返済が余裕をもってできる額はいくらか、だったら借り入れはいくらか」と逆に考えていきましょう。

頭金を500万円まで用意できそうということですが、他に貯金がなければ全部頭金にすると、貯金が無くなってしまいますね。
買う時は住宅の代金の他登記する費用や、引っ越し代など軽く100万円はかかり、各種保険・固定資産税などもかかってきますよ。

余裕ある毎月返済額を5万円位に設定すれば、30年・固定金利・ボーナス返済なし・安い金利のものがあれば、1500万円位のローンを借りられそうです。
返済額を4万円とすると1200万円くらいですかな。

頭金を400万円とすると、1600万円~1900万円の家までなら可能かと言う机上計算が出きます。
それも少なくとも子供が働く年代になるまでは、何事もなく順調に行って、ということです。

将来生活が順調になれば繰り上げ返済も可能ですが、人生何が起こるか分かりません。
家計の余裕を考えると、上に挙げた金額より1割くらいは下げて、買える家の限度は、1400万円~1700万円と考えた方がよいかなとアドバイスします。

(以上の計算は実際のローンや中古住宅の現状を調べたものではなく、わたしの推測ですので、実際の借り入れの時はご自分で調べて、充分金融機関とご相談されることをお勧めします)

現在の家計年収390万円を考えると、計算上何とかなったとしても、地方(田舎)でも2000万円以上の建売住宅購入は、かなり慎重に考えた方が良かろうかと思います。

将来の少子高齢化、人口減少はどんどん進み、地方の土地や住宅の価値は下がりつつあります。
これからももっと下がると考えられ舞う。

とりあえず賃貸の方が無難だと思いますが、先々子供のことを考えてどうしてもマイホームが欲しいという場合は、1500万円前後の、中古物件を検討されてみてはいかがかと思いますね。


中古物件だと金利がやや高く、修繕費とかもかかるかも知れませんが、地方(田舎)では安い物件が結構あるようです。
それでも割安ではないかと、団塊の定年おじさんは考えています。

今日も読んでいただきましてありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

0 件のコメント:

コメントを投稿