2018年12月15日土曜日

12月14日のこと



住んでいるマンションには、管理会社から派遣されている、年齢は60歳くらいに見える管理人(のおじ)さんが働いています。
見た感じ、けっこう真面目な働き者の様で、ありがたいことです。

平日9時から5時まで、土曜日午前中の勤務で、特に変わったことがなければ、ー主に掃除のー仕事は楽そうに見えます。
でも本人にしてみれば、管理人の仕事もなかなか大変なのかもしれないですが。

「自分もマンション管理人だったらできるかな? でも自分のマンションは嫌だな・・・。」などと思いながら彼の働きぶりを見ています。

出かけるときに、管理人さんと駐車場などでよく合います、お互い無口ですが、挨拶位はします。
最近は「おはようございます」「寒くなってきましたね?」「そうですね急に寒くなりましたね」というような挨拶になりました。

『今年は暖冬だ』というテレビの天気予報です。
とはいえ昨日などはみぞれになりそうな雨模様でした。
今日は天気はいいですが、気温は10℃行かなくて寒かったです。
(今日と言うのは、14日のことです)

仕事に行ってないリタイアおじさんは、今日は理容店に行って、髪をさっぱりと短くして、銀行でお金をおろして、ガソリンスタンドで給油して、図書館に行きました。

その後、家から22kmほどのところにある、時々行く日帰り温泉で、のんびりと(かいていない)汗を流して、露天風呂から上弦のおぼろ月を眺めつつ、「そういえば今日は12月14日! 元禄15年の赤穂浪士の吉良邸討ち入りの日だ。」と突然思い出しました。




あの日は江戸はかなりの雪でもっと寒かった様ですが、旧暦では1月30日だそうですね。それでは寒いのは理解できます。

最近は12月14日でも、テレビなどでは忠臣蔵は話題にもなりませんね。
まして映画にもならない、
みんな興味がないのですかね。

あと1週間ほどで冬至になり、そして平成最後の年末を迎えます。
1949年生まれの団塊世代が、70年経って2019年を迎える区切りの年ですね。

武田鉄矢・海援隊の「思えば遠くへ来たもんだ」という歌詞が浮かんできました。

今日(12月14日)の日記でした。

今日も読んでいただきましてありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

0 件のコメント:

コメントを投稿