2018年11月8日木曜日

メガネが壊れたので作りに行った件


メガネが壊れて使えなくなると、本を読むにも、クルマの運転にも支障が出て困ります。
複数のメガネを持っていればいいのですが、お金もかかるし、古くなると目に遭わなくなるし・・・。






メガネは、どういう訳かあまり「買う」とは言わないで「作る」と言うことが多いようです。


普通の商品とは違い、レンズを顧客の目に合わせて調整して、まさに作るという作業が必要だからですね?
なので安売り店といえども、遠近両用だと一式2万円位はします。


私の今まで使っていた(フチなし)メガネは、スポーツ公園の駐車場で、セーターを脱いだ時2回も落としていたあげく、更に昨日は日帰り温泉のロッカーから床に落として、バラバラにしてしまいました。


予備のメガネはあるのですが、年と共に近視が弱くなり、あまり合わなくなっています。


それで早めに必要なので、前回作ったと同じく眼鏡〇場の、自宅に近い店に行ってきました。
以前に行ったのは別の店舗だったのですが、その後家の近くに同じ系列の店舗ができたので・・・。


この眼鏡店は全国チェーン店で、価格もわりと安く自分なりに見て技術も悪くはないと判断しています。
どちらの店舗も、自分なりにOKです。


ネットの評判では、評価が高いのもあれば、最悪なのも多く、これだけ見ていると行くのに躊躇する人もあるかと思いますが、私の場合は自分の目を信じます (;´・ω・)


ということで、午後2時ころその店に行き、「以前作ったメガネが壊れたので作りたい」旨話し、最も軽いタイプのフレームを選び、前回のデータを元にある程度調整して、レンズを選んで支払して終了。


「特殊なレンズなので、出来上がるまで1週間ほどかかりますが出来たらお電話をします。」
500円割引してくれ、合計2万2千円程、楽天カードで1回払い。


平日の午後で、お客が2~3組くらいしかいなかったのですが、1時間以上はかかりました。
やはりメガネをつくるのは店舗での人手がかかり、大変なんだなと思った次第。


それにしても、このようなタイプのチェーン店に行く前は、一般店でメガネは4~5万円(バブルの頃は7~8万円のも)していたので、有り難いなという感じではあります。


それに最近はとても軽いフレームがあり、顔(鼻や耳)への負担が少なく助かっています。


メガネは「安い店で、低い技術の店員が作ったものはどうも・・・」ということがあり、「年金暮らしなので、4~5万円もするのもどうも・・・」ということで、今日行った店はそのバランスがちょうどいいと自分では思っています。




さてメガネを作った後は、イトーヨーカ堂にお買い物です。
カミさんといっしょです(;´Д`)


今日は買い物で、1日が終わってしまいました。


今日も読んでいただきましてありがとうございます。


ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ
にほんブログ村

人気ブログランキング


0 件のコメント:

コメントを投稿