2018年11月20日火曜日

日産自動車会長のスキャンダル

イメージ 日産自動車GTR 出典:写真AC


日産自動車のカルロス・ゴーン会長が、羽田到着の飛行機(ビジネスジェット)内で東京地検に身柄拘束 ⇒ 事情聴取 ⇒ その後逮捕ということで、日産社員も知らず、日本国民も寝耳に水でびっくり。
テレビも、新聞も大慌て。(のように見えました。)

直接の逮捕容疑は、金融商品取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)で、平成22~26年の5年間の報酬約100億円を、50億円過少申告したというものだそうです。

平成22年以前の分は時効なのか? 平成27年分はどうなっていたのか?
有価証券報告書は会社の担当部署が作成するものなので、その点は?
特別背任とか横領の疑いもあるようだと言われている?

全く良く分からなくて疑問ばかりが多い事件ですが、徐々に解明されて行くことと思います。

日産社長就任後、コストカッターと言われ、21,000人の従業員をリストラし、村山工場も閉鎖という事を『どれだけ多くの犠牲や痛みが必要になるか、私にも痛いほどわかっています。他に選択肢はありません』といってやった結果がこれなのかと、リストラされた人たちは思っているだろうね?

この事件の今後の経過については、テレビや新聞やネットニュースで伝えてくれるでしょう(;´・ω・)

日産、ルノー、フランス政府、日本政府の思惑などがあるという陰謀論のような話もあるし、日本経済にも影響を及ぼすかもしれない事件ですが、何を信じていいのか全く分かりません。

この事件を受けて、ルノーも日産も株価を下げていますが、とりあえず今後売り上げが減るかも知れないので、株を売る人が多いのは分かります。

部外者は事の成り行きを見ているだけですが、日本を代表する企業の不祥事で、日産のクルマに乗ったこともある者としては、「残念なことですね」としか言いようがないです。

日産自動車は、この負の状況の試練を乗り越えるためには、いい車を作り続けていくしかないのでしょう。
・・・などと評論家のようなことを言って申し訳ない(;´Д`)

個人の感想です(;´・ω・)が・・・。
日産のクルマには現在、とくに乗ってみたいな、と思うクルマがないですね。

今後良い車つくりをしてもらって、昔のブルーバードかローレルのようなクルマができれば、人生最後に乗ってみたいかもと思うものです。

今日も読んでいただきましてありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

0 件のコメント:

コメントを投稿