2018年11月15日木曜日

陸上自衛隊関連のニュース2件

テレビとネットを見ていたら、陸上自衛隊関連の2件のニュースで「ウーッム!」と思う事故と事件?がありました。

1つ目は今日午後、びわ湖近くの陸上自衛隊饗庭野演習場での、迫撃砲弾発射の訓練で、演習場を外れて飛んだ砲弾1発が、近くに住む男性の車近くに落ち、クルマの一部が破損したとのことです。

ニュースでは、砲弾が目標の地点から1km外れて、クルマの40mくらい離れた所に落ちたそうですが、それでもクルマが破損したので、直撃していればどうなっていたか想像はつきます。

クルマに乗っていた方はびっくりしたでしょうね。

早速岩屋防衛大臣が、謝罪会見をして、原因究明を約束し、81㎜迫撃弾を、原因解明するまで使用を中止すると述べたとのことです。

着地点が1Kmもずれていたとのことで、再発防止対策を要求されるでしょう。

アメリカやロシアと違って、狭い国土の日本なので、演習場が狭くて事故は必然なのか、発射ミスなのか、砲弾が不良だったのか分からないですが、それなりに迫撃砲の訓練は注意をしていたと思いますが、それにしても、けがをした人が出なくて不幸中の幸いだったかな。


もう1つは、貴乃花が福岡県田川市のイベント会場の自衛隊ブースを訪問し、隊員に促され、陸上自衛隊の四輪駆動車の運転席に座り、エンジンをかけて会場内を1周走った。


写真ACからお借りした画像です:イメージ

自衛隊の内規の「民間人に運転させてはならない」ということを説明しなかったというか、説明する暇がなかったのか、意思疎通の不足ですね?

「隊員に促され」とありますので、「乗ってみませんか?」と言ったのだろうと思いますが、乗ってみませんか=運転してみませんかという意味に解釈したのでしょうか?

それにしても、ブースに置いている国有財産の自衛隊車両なので、キーを外しておく位の配慮があればこんなニュースにはならなかっただろうに・・・。

貴乃花も謝っていたし、その場所にいた隊員も注意を受けたそうで、事故が起こらなくて、「かろうじて幸い」と言えますかね?

以上、ニュースの感想でした。

今日も読んでいただきましてありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

0 件のコメント: