2018年11月6日火曜日

秋の臨時国会をテレビで見ていて・・・。

こんばんは、団塊定年おじさんです。
先月24日から秋の臨時国会が召集され、論戦が始まっています。




新しく入閣した大臣で、野党の標的になっているのが、地方創生大臣の片山さつき氏。

週刊誌に出た、国税当局への≪口利き疑惑≫は大きくなる一方で、ワイドショーを賑わし、連日国会でも疑惑追及質疑の矢面に立っています。

詳しく内容は書きませんが、≪口利き疑惑≫がひと昔もふた昔も前のような案件で、報道を見る限りでは、片山大臣に分が悪いのは間違いないようです。

また、「週刊誌に対して訴訟を起しているので」という理由で、記者会見や国会の質問に大事なところをはぐらかすというのが、大変印象が悪い。

ほかの頼りない大臣の姿と一緒に、片山大臣がマスメディアにさらされるので、安倍内閣の印象が大変悪い。
臨時国会のしょっぱなからこんなことで、安倍内閣がまともな政治が出来るのかという不安がでてきます。

それにしても、片山大臣の疑惑を追及する蓮舫議員、舌鋒鋭く絶好調の様ですが、ご自分の疑惑を追及された時は、片山大臣とそう変わらない姿だったのではなかったかと、思い出しました。(;´・ω・)

しかし国会審議が、こんなスキャンダル追及と、揚げ足取りばっかりで、莫大な経費を使っていていいのかね?
といつも思います。

臨時国会では、出入国管理法案改正案の審議を、深掘りしてやってもらいたいものだと願っているので、審議入りが8日⇨13日に延びたニュースがあったことを歓迎します。

個人的には、安倍内閣の、外国人労働者の受け入れ拡大の方針には基本的に賛成はできません。(つまり反対です)

あとどのくらい生きるか分からないジイさんですが、この法案は日本の将来に必ず禍根を残すことになる、ということは言っておきたいです。

私はジイさんと謙遜して言っていますが、選挙用と別のアカウントで、「年金暮らしじじい」と侮蔑ツイートしていた、28歳の新人青森市会議員がテレビで謝罪会見していました。



「お前にはジジイと言われたくない (゚Д゚;)」と、思わずテレビのニュースに突っ込みを入れていました。

今日も読んでいただきましてありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

0 件のコメント:

コメントを投稿