2018年10月17日水曜日

私の住む町とマンション生活


私の住むマンションは、(どこにでもありそうな)関東近郊にある市の、JR東日本の(みどりの窓口のある)駅から4Km、ローカル線の駅から1.5Kmほどの郊外で、住宅地が広がっている中にあります。


いなかとはいえイオンモール・イトーヨーカ堂・地元のスーパーが3~4店・大学病院・金融機関が7~8店・大きな工業団地などが1.5Km(~2Km?)圏にあり、生活するには一応便利なところだと思う人が多いので、住宅がどんどん建っています。



イメージ画像で 私の住む地域ではありません(;´・ω・)

その分、他と同じように、JR駅の周辺は住む人が減っているので、小学校など、3校で1校に統合になったりということです。


自分の住む地域はそれでもやはり、クルマがあると便利なところといえるとおもいます。
自分では、自転車もいいかなと思うのですが、カミさんが危ないから止めてくれと言うので、自転車は買っていません。


25年ほど前、このマンションの1室を購入した時は、周りに田んぼ・畑もかなりあったのですが、それがいつの間にか新築の住宅やアパート・マンションに変わっています。


銀行や信用金庫も新築になって繁盛しているようです。


マンションの東南のベランダ側は、以前は大きな駐車場にコンビニがあったのですが、数年前に中層のビルが建ち、その裏側に面しており、4階位から下の部屋からの眺望は良くないです。


最近2階に住んでいた方ー(最初夫婦と子供で入居⇨子供は結婚⇨孫もいて同じ市内に住んでいる)ーが、マンションを売却して出て行かれました。


25年の間に、生まれた子供が25歳になり、1世代進んでしまったということですか?


その方とは、新築で最初に入居した方で、2年ほど前に定年退職され、私は挨拶をする程度だった方です。


隣のビルが出来るとき、マンションの住民に建築の説明会があったのですが、ビルが出来ると、「見晴らしが悪く、昼でも暗くなるので、いやだ」と言われていたことがありました。


どこに引っ越しされたか? ということは聞いていないのですが、私のカミさんと「近くにたくさん新築が建っているので、見晴らしのいい2世代住宅でも建てられたのかな? 孫もいることだし」などと話しをしました。


25年前に新築で入居した住人は、今では半分位になっています。
その住人も高齢化して、定年退職された方がその半分位のように感じます。


売却に出された部屋は、中古としてそれなりにかなり安いので、若い人が買いやすく、新しい住人となっていきます。


最初から入居している高齢化した住人と、新しく入居してくる若い人たちでは、価値観も違うので、今後マンションはどうなっていくのかなと、ちょっと思ったりしています。


また、私よりやや若い年齢位の独身男性で、安くなった当マンションを買って入居している方も2人ほどいるようで、その買い方はお金の使い方としては賢明だと思います。


独身で高齢になると、賃貸住宅に入りづらくなるので、このような住み方をするのも、合理的かなと考えます。
1人の方は家は安いマンションを中古で買っても、クルマは高級車に乗っておられます。


私とカミさんは、もう引っ越しする気力もないし、高級車も買う気がない買えないので、このマンションを終の棲家と考えて、軽自動車に乗って暮らしております。





今日も読んでいただきましてありがとうございます。


ブログランキングに参加しています

にほんブログ村

日記・雑談(60歳代)ランキング