2018年10月23日火曜日

それでも消費税率引き上げは反対なんだな~

久しぶりの政治(というか経済?)の話題です。

消費税率の8%から10%に引き上げは、来年10月1日と言うのが、昨年法律で定められ、規定路線ということです。




安倍首相は今月15日の臨時閣議で、改めて来年10月1日に消費税率を8%から10%に引き上げる予定であると表明し、引き上げに備えた対策を講じるよう指示したというニュースがありました。

ということは、よほどのことがあっても消費税2%アップは既定の事実ということか?

マスコミなどでは、食料品の軽減税率で、店で買った食べ物を持ち帰ったら8%で、そこのイートインで食べると10%とか、枝葉末節の話ばかりで意味がないな~。(;´・ω・)

政府の増税の理由は、「少子高齢化により社会保障の財源が危機に陥らないように、或いはすでに財政が危機だから、広く浅く国民に負担してもらうため」ということだと思います。

政府・安倍首相は、アベノミクスのおかげで景気は上向いているので、来年に決まっている増税はやるんだと意気込んでいるようです。

しかしここに来ても、デフレから脱却した経済とは言えず、庶民の消費は上向いていないと思うし、米中の経済戦争で、来年の世界経済は見投資が位のではないか?

という情勢なので、増税は止めた方が良いのではないでしょうか、安倍さん?

単純計算で消費税が1%上がると、税収が2兆円増えると言われているそうですが、消費が冷え込むのが必至なので、増税すれば税収が増えるとは、必ずしも言えないのではないでしょうか?

また低所得者や年金受給者ほど、消費増税はもろにふところに響いてくるものです、これも反対の理由です。

《日本の借金?》が1000兆円あって、このまま行ったら破綻するので消費税を上げるという賛成の意見もありますが、借金ばかり言って資産の方は言わないという、偏った議論もあります。

ということで、消費増税の1年前になっても、私は消費税増税は反対なのだということを、一応いっておきます。

昔民主党政権の時に消費増税をやった、旧民主党の流れを汲む議員先生が、今消費増税反対を言っていることには、あまり信頼を持てないのですが、自由民主党の国会議員の先生方にも、消費税反対の方がおられるようですね。




今月24日、第197回秋の臨時国会が召集されますが、12月10日までの、48日間の会期で短いですが、しばらく休んでいた国会議員の先生方も、ここは活発な論戦をお願いしたいところです。

今日も読んでいただきましてありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村

人気ブログランキング