2018年10月20日土曜日

定年後の自分に「向いてないなあ」と思う仕事


こんばんは、かず吉です。


(一応65歳とした)定年退職後に、まだ働く方も多いですね。
その理由は、生きがい、健康のため、社会につながりを持ちたい・貢献したい、ということもあるでしょうが、事実上は経済的理由(老後資金が心配)ということが最も多いのだと思います。





働く場合、民間企業で「子会社の役員になる」などというごく一部の恵まれた方は別ですが、自営(起業)か、同じ会社で1年契約の嘱託か、新たに高齢者でも雇ってくれる仕事を見つけるという事になるでしょうね。


今のところ年金収入だけの生活で働いていない私も、定年後仕事を探したり、シルバー人材に登録したりと、一応努力はしました。


人材不足の世の中と言っても、普通に探しているだけでは、使われて働くということは高齢者にとっては、精神的・体力的・能力的に厳しい実態があります。


それでも、働かなければ生活できない方もたくさんいます。


私の場合、高齢者の仕事があったとしても、自分には難しいなあと思う仕事が多くて、難儀していました(;´・ω・) 

「どんな仕事? 贅沢言うなヽ(`Д´)ノ」と言う声も聞こえてきますが。


老人福祉・介護職
資格もないし、他人の世話は責任も重く、体力的に厳しそう。

ビル・病院(トイレ含む)清掃員
自分でもできそうだが、今はどうも応募するまでの決心に至らない。

マンション管理人
週2~3日の求人がなく、マンションによってはクレーマーもいる。

ビル管理・警備員
この年で夜勤があるときついなあ~、ボイラーの資格もない。

福祉施設などの調理補助
調理関係は苦手(;´Д`) かも。

大手運送業の守衛或いは仕分け
朝5時からの勤務で、カミさんが難色、体力的に厳しいかも。

工場の冷蔵庫・冷凍庫内の仕分け作業
これも年寄りにはきついなあ~(;゚Д゚)

不動産業の宅建士
資格は一応持っているが、実務をやったことがないので無理!

零細企業の製造工場の雑仕事
これはできそうだけど、そのうち・・・(;´・ω・)

シルバー人材センターの仕事
夏の茄子の収穫、炎天下の草むしりがあったのですが断った。






君はやる気がないんだろう(`・ω・´)」と言われそうで、恐縮です。
たしかに人に使われて、この年でそこまでやるのもキツイなと思っていいて、応募もしなかったのも事実です。


当時、仕事がなければ、今のところ年金だけで質素に暮らせば何とかなる、どうしてもダメなら改めて考えようと思っていたら、4年経ってしまいました。


結局65歳から働く人と働かない人、半々の様ですが、私は働かない人の半分の中に入っています。


定年リタイアから2年後になって、思い立ってブログを書くことにして、今に至っています。
無職ですが、ブログを書くことが仕事のようになっている今日この頃です。


今後どうなるかな?


今日も読んでいただきましてありがとうございます。


ブログランキングに参加しています。
  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村

人気ブログランキング