2018年10月18日木曜日

型破りな車谷長吉という作家のフアンですが?

下記の、本を読みました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]
夫・車谷長吉 [ 高橋 順子 ]
価格:1728円(税込、送料無料) (2019/2/1時点)

車谷長吉のフアンですが、高橋さんの本を読むのは初めてです。


著者
  高橋順子(ウィキペディア)
書名  夫・車谷長吉
発行  文芸春秋 2017年5月刊

1988年、順子44歳、長吉43歳で初めての出会い。
それも長吉の絵手紙を通してという・・・。

客観的に見ても、長所より欠点の方が多そうな当時はまだ無名の作家・長吉(失礼!)に、「この期におよんで、あなたのことを好きになってしまいました」と手紙に書いた詩人・高橋順子。

「もし、こなな男でよければ、どうかこの世のみちづれにしてくだされ」と返事をした作家・車谷長吉。
そして1993年、40歳代後半、初婚同士で結婚します。

この本は、長吉との出会いから結婚、強迫神経症や(軽い)脳梗塞にもなったが、直木賞にも選ばれた長吉、2人の創作風景を書いています。

そして、飛行機がダメな長吉との船の世界1週の旅、四国お遍路、そして2015年5月の突然の別れまでを淡々と、高橋さんの目線で綴ったエッセーで、追悼の回顧録ですね。


2015年5月19日付全国紙に、2日前の17日(日)朝に亡くなった、車谷長吉(ウィキペディア)氏の訃報を伝える記事が載りました。

車谷長吉フアンであった私は、呆然としたのもつかの間、訃報をテレビのニュースで知った後、近くのファミリーマートまで新聞を買いに行き、新聞記事は大事に保存しています。

この新聞記事を写真に撮って、ブログにアップしようと思ったのですが、「著作権の問題」ということがあり、止めました。

知る人ぞ知る、異色の気骨ある直木賞私小説作家・車谷長吉。
知らない人は全く興味がないですね~(;´・ω・)

当日、夫婦の早朝の散歩で、長吉は順子さんからロング缶ビール代? 300円をもらってなぜか自分だけ引き返し、途中でコンビニで缶ビールを買った(らしい)、家に帰って、順子さんがあとで煮つけようと解凍していた、生のイカを丸のまま呑み込んで、のどに詰まらせていた。

家に戻った順子さんが、意識がない長吉氏を見つけて119番、その後病院で「誤嚥性窒息」で亡くなったと診断されたことが、仔細に語られています。

私は長吉氏が亡くなった後、「何で朝からビールのつまみにしては、大きな生のイカを丸のまま飲んだろう?」と疑問に思っていたのですが、この本を読んで自分なりに腑に落ちた気がしました。

濃縮された22年の結婚生活を淡々と書いておられますが、奥さんとしては辛い別れだったであろうと察します。

何事もなしていない私と、カミさんですが、その倍以上の年月を、ほぼ健康で一緒に居られていることに改めて感謝ですね。

そしてあらためて、車谷長吉氏に・・・合掌。

「私小説作家」車谷長吉のたくさんの作品の中で、読んだものを挙げます。

「鹽壺の匙」「漂流物」「赤目四十八瀧心中未遂」「文志の魂」「銭金について」「贋世捨人」「忌中」「愚か者」「瓢風」「女塚」「文士の生魑魅」「世界一周恐怖航海記」「灘の男」「四国八十八か所所感情巡礼」「阿呆者」「武蔵丸」「妖談」・・・。




もう20年以上前の本もあり、内容を失念しているのもあるので、機会を見つけてまた読みたいと思っています。

文の流れによっては敬称を付けたり付けなかったりしています。
(作家としては敬称なし、一人間としては敬称をつける・・かな)

今日も読んでいただきましてありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ
にほんブログ村

人気ブログランキング