2018年10月12日金曜日

気になる諜報部員(スパイ)のニュース


ハリウッド映画になりそうな、トランプ政権のスパイの逮捕報道がありました。


イメージ画像です (;´・ω・)



アメリカ政府(司法省)の発表で、

今月10日、航空業界の機密情報窃盗の疑いで、米国の令状に基づいてベルギーで4月に逮捕されていた、中国の情報部員(男)をベルギーから引き渡しを受け、逮捕・起訴したとのことです。


逮捕された中国国家安全省職員は、2013年以降、GE傘下の企業などの機密情報の入手を(不正に)企てたとのことです。


他国から中国情報部員の犯罪容疑者を引き渡されるのは、今回が初めてだそうで、アメリカ政府の危機感、本気度がうかがわれる事件で、とても気になった次第です。
             参照:ヤフーニュース、[AFP=JIJI.COM]







米国と中国の貿易摩擦どころではない「貿易戦争」と言われていますが、そんな緊張状態で米国は、特に中国に対して、スパイ活動に目を光らせていることが分かります。


トランプ政権は中国に対してだけでなく、他の国に対しても容赦しはないかも知れ知れません。


当然中国も報復の行動に出るでしょうが、エスカレートしていくのか?どういう結末になるかにも気になる所です。


こういった事件を見るたびに、わが日本国はスパイを防止する法律がなく、「スパイ天国」などと揶揄されている国柄で、先進企業機密がどれだけ盗られているか分からないようで、寒くなってくるようです。


このニュース、テレビではあまり報道されていないようですね? 新聞は?
テレビも新聞もあまり見ないので、わからないのですが・・・。


今日も読んでいただきましてありがとうございます。


ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ
にほんブログ村

人気ブログランキング