2018年9月2日日曜日

人生の断捨離は?

先月の24日に 「もったいない」と「断捨離」 
続いて26日に 「もったいない」と「断捨離」 つづき 
という投稿をしました。

断捨離は必要と思いつつも、我が家にある、使っていない物、不必要な物も、思い出があったりしてなかなか断捨離できず、「捨てようと思えばいつでも捨てられるので・・・」と言い訳したり、やや締まらない残念な投稿になってしまいました。

捨てられないものは、カミさんの衣類や鞄、家具、思い出の品などが殆どで、私の分は、最初からものを買わないので、あまり無いと思います。(o^―^o)ニコ

今日はそのなかなか一筋縄ではいかぬ難しい断捨離を、物ではない視点から書いてみようと思いました。

物ではないものについてはどうだろうか?

先ず、保険ですが、これはきれいに断捨離できているようです。
国民健康保険や、クルマの自賠責保険は別ですが、現在加入しているのは、損害賠償責任特約付きの任意の自動車保険のみです。

これも、1回目の更新の時に車両保険部分をやめたので、万一の事故の場合の「対人・対物無制限」中心のシンプルで安い支払のものです。
車両保険に入っていないので、万一の時には自分の車の修理代、車両代は自分負担ですが、最高でも100万円少々なので自己責任。

生命保険、医療保険の類は、リタイア後、掛け捨ても含めて全てやめました。
この年齢なので、入院・手術が必要な場合でも健康保険と高額療養費制度でカバーできる医療で充分だと思っています。
保険がきかない治療は望みません。
後は神様・仏様の思し召しかな?

今思えば、幸か不幸か?生まれてこの方69年間、掛けていた生命保険の給付を受けたことが1度もありません。
そして生命保険に対してあまり信用してないのが本音かも知れません。

次は、生活の中で鉛のようにずしりと重かった、住宅ローン(借金)ですが、10年くらい、いや15年くらい前に頑張って完済しました。
車🚙も、もう15年以上ローン(借金)は使っていません。

今後も70歳マジか間近のリタイアおじさんなので、ローンを組める可能性も少ないし、組めたとしてもローン(借金)はもう卒業です。

そして人間関係ですね。

私は少年時代まで育った新潟県を18歳で離れて、働いたり、学校へ行ったり、勤めていた会社も住所も何回も替えたこともあり、じっくりとつきあう友人というものをつくろうとしなかったようです。
(今思えば・・・。)

また、出来ても自然と離れて行くようになりました。
もう鬼籍に入った友人もおられて、決して人嫌いではないのですが、結果現在は友人と名の付く人はいなくなりました。(;´・ω・)

そして親戚や知人と言うのも含めて、付き合いはとても淡白で、少ないです。

各学校の同窓生OB、過去に勤めていた会社の同僚、住んでいる地区の住民などのお付き合いもほぼ皆無です。
積極的に付き合いたいとは思いません。


まさにシンプルライフですが、カミさんにも「友達いなくて寂しくないの?」 と時々言われますが、本人は至って「ノー・プロブレム」です。

これが自分の歩んできた人生の結果であり、後悔はありませんですね。
究極の、人生の断捨離かも知れません。
リアルの生活の中では話したことのない本音です。

世の中には「こういうオヤジもいるんだなあ~」と思われたことでしょう。
また意外とブログを書いておられる方や、読んでいただいている方には、私のような人もけっこう居られるのかも知れませんが、確かめようがありません。(;´Д`)

今日も読んでいただきましてありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村

人気ブログランキング