2018年9月1日土曜日

体操協会、トラブルになる「音声データ」

9月になって1日目、今日は「ちょっと」秋らしさを感じさせる1日の様です。
昨夜までずーっとつけていたエアコンを、今日は朝から止めてみましたが、問題ありません(;´・ω・)

天気予報で確認すると、当地は「最高気温33℃、最低気温25℃、曇りのち雨」となっていますが、実際の感じでは只今(13時)の気温は30℃もないように感じます。

さらに、明日の予想は、「最高気温29℃、最低気温22℃、曇り時々雨」です。
最低気温が下がっていくと、秋らしさがどんどん増していきますね?




さて今日の本題です。

秋と言えば、私には旅行の秋ですが、「スポーツの秋」でもありますね?

スポーツと言えば、今年は大相撲(スポーツではない(;゚Д゚))が落ち着いてきたと思ったら、女子レスリング、アメリカンフットボール、ボクシング、男子バスケットボールなどで、立て続けに不祥事(トラブル)が続いて、マスコミに話題を提供していました。




8月の終わりになって、今度は女子体操でもパワハラ・暴力のトラブル(疑惑)があり、「2年後に東京オリンピック・パラリンピックを控えて、今後を心配している」? マスコミをにぎわせ、コメンテーターと称する人々を忙しくさせています。

この日本体操協会の一件は、展開は目まぐるしく、往年の体操界のスターや、キャラの濃い登場人物も居られて、マスコミ受けする話題の様です。

最新のニュースでは、女子選手からパワハラをしたと告発されている、体操協会の女子強化本部長の方から、選手とのやりとりを録音した音声をテレビ局(テレビ朝日)に提供して、放送したそうです。

これは、素人が普通に考えてもスポーツマンシップからしても、フェアじゃないよな、問題ありありだろうな、と思ってしまいます。

それは、
・今まででもあった、弱い立場の者の防衛のための録音ではない。
・相手に「録音する」了解は取っていない。⇨「隠し録り」じゃない?
・録音している方は、高圧的な、都合の悪い発言はしないようにできる。
・更に音声データは都合の悪い部分はカット・編集することもできる。
 例えば「私なら○○より100倍うまくできる」など。
・70歳代から見たら、18歳の孫位の小娘の無防備な発言を誘導できる。

録音した理由と、公開した経緯を述べて正当化している記事も見ましたが、あまりに用意周到すぎますね。

また公的にも高い地位の年配者が、弱いように見える未成年者に対して、了解を取らずに、会話を録音したり、テレビで公開したのは、このテレビを見ながら、「またか?」などと言っているおじさんには、どうも違和感を感じ、共感できるものではないです。

テレビ局にも、「選手に断りになしに、勝手に録音音声を公開するのはだめじゃん!フェアじゃないよ」と言いたくなります。

それにひきかえ、高須クリニックの院長が、トラブルの渦中で所属していたチームと契約解除になった当該選手を、全面的に支援すると発表して話題になっています。

高須先生、いいところでお出になりますね。
お金もあるんだろうけど、男気ありますね~(`・ω・´)

今日も読んでいただきましてありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村

人気ブログランキング