2018年8月12日日曜日

そろそろマンション住居部分のリフォームも・・・。

とある8月の平日午後、家にいると、「ピン ポ~~ン♫♪
ドアホンのテレビに青年が映っています。

青年「○○社の△△と申します。こちらのマンションの上のお宅で、リフォームの工事を行いますので、ご挨拶にお伺いしました」
社名○○が聞こえません。

私 「はいどうも、ちょっとまってね」

名刺をもらって、・・・挨拶の部分は省略・・・

青年「マンションも築25年を過ぎたころから、特に水回りが心配になってリフォームをやる方が増えているんですよ。せっかくこちらに参りましたので、お宅様のお風呂や水回りを見させていただいて、無料でお見積りができますが、いかがでしょうか?」

私 「うーっむ! 確かに興味があるけど、今時点ではまだ考えていないので、その気になったら、名刺の所に連絡するわ (^▽^)/」

青年「よろしくお願いします・・・。」とあっさり。新人かな?

簡単にいうとこんな感じでした。
なかなかうまい営業方法ですね。

見たことのない会社名で、その気がなかったので、そっけない対応でしたが、確かに築25年に近づいているので、水回りなど気にはなっています。


マンションには、居住者の専用部分と共用部分があります。

私の住んでいる築24年のマンションの共用部分とベランダの防水は、マンション管理組合で、ほぼ計画的に大規模修繕をやることにしていて、1回目の大規模修繕は築15年目の頃にやっています。

あと数年すると、2回目の大規模修繕ということになりますが、1回目に比べると劣化も進むので、費用も増えるだろうな。
今のところは積立金で何とかなりそうだと聞いています。

専用(居住)部分は自己責任です。
我が家では、今までに風呂のボイラー一式、洗面台、台所のガス台、トイレの器具一式、TV付きドアホン、ベランダ窓ガラス戸1枚の車輪2個などを取り換えました。
これだけで、100万円弱かかっています。

水回りの最大のものは、やはり風呂ですね。
青年が「風呂はきれいに使っていても、配管は痛むのですよ」などと言って、もろに詰まった配管の写真を見せてくれました。(;´・ω・)

風呂(浴室)はそのままで、配管だけ取り換えはできないものか、風呂も25年使っていくと、やはり変え時なのか。

あと2~3年で考えなくてはと思いますが、風呂の修繕と言うより、リフォームなので、100万円前後、少なくとも5~60万円はかかりそうで、考えますね。

風呂の寿命より、自分の寿命の方が短ければ、そのままでいいのですが、こればかりはなかなか分からないもので、(;゚Д゚)


イメージ

戸建て住宅でも、20年も過ぎれば、修繕やリフォームに費用が掛かってくると思いますが、我が家のマンションの場合は別途、管理費と駐車場代で2万円、年間24万円は必要な経費で出て行きます。

入居当時からわかってはいたのですが、結構負担感が大きいものです。
入居年数が多くなると、高齢化して「これ」+修繕積立金が払えない人が増えてくる可能性があります。
現在当マンションでもその兆候が芽生えています。

これから費用が掛かってくることを考えると、「旅行」や「クルマ買い替え」などはよく考えないといけないかもと思っているところです。

今日も読んでいただきましてありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村

人気ブログランキング