2018年7月20日金曜日

今年も7月から猛暑で熱中症に気をつけて

今日も猛暑が続いています。
京都市で最高気温が39.8℃の記録を作り、観測史上1位だそうです。
昨日は岐阜県多治見市で40.7℃という記録で、この暑さは止まらない様です。

ねんど130さんによる写真ACからの写真

 西日本の水害の被災地の方々、警察・消防・自衛隊の皆さま、ボランティアの皆さま、本当にご苦労様です。
熱中症に充分ご注意ください。

私のように定年リタイアして無職の者は、特段の用事がなければ、家にいるのが一番かと思います。

「そうだ!この夏に京都に行こう」と先日ブログに書いたのですが、この暑さでどうなることやら (;゚Д゚)💦

全国の学校で、体育の授業とか部活で、熱中症にかかる生徒児童のニュースが毎日出ています。
命に関わることなので、責任者の教員の皆様も、真摯に取り組んでもらいたいものだと思います。

今年も7月26日から8月20日までインターハイ(高校総体)が三重県で開催され、人気の夏の甲子園も8月なので、猛暑真っ盛りに行われるわけです。
選手もそうですが、応援団、ブラスバンド、チアリーダー、そして観客の皆さん、熱中症だけには万全の対応をされたいですね。




学校の運動部で、コーチや監督が、生徒に過酷な練習を強いるのも、真夏の試合に耐えうる精神力を養うためなどと思っているのかも知れません。

この考えが正しいかは、判断を保留したいと思いますが・・・。

「こんな真夏に開催するのは生徒がかわいそうだ。時期をずらしてやればいいのでは?」などとと言う意見も少数ではあるようです。
しかし、主催者も学校も生徒も、これが当たり前と思っているようで異論は出てこない様です。

気温については、8月は大変厳しく最も過酷な時期です。
長期の休みの夏休み以外は考えられないのか、本当に議論の余地はないのか、関係者の皆さんちょっと考えてみては? という意見にも心を傾けるものです。

今年の8月も、7月より暑くなるかも知れないので、責任者の皆様には、事故が無いようにお願いしたいと思っております。


今日も読んでいただきましてありがとうございます。

ブログランキング参加中です。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村

60歳代ランキング