2018年7月17日火曜日

形あるものはいつか壊れる、洗濯機の件

命あるものは必ず滅する

形あるものはいつか壊れる

平家物語で言うような?言葉があります。
という訳で、
カミさんが10年愛用した洗濯機がどうも壊れたようです。
寿命にはちょっと早いような気もするのですが。




ちょうど10年前、2008年の7月に買ったNationalドラム式電気洗濯乾燥機です。(まだPanasonicではありませんでした)
当時はまだ高い価格で、9㎏用で178,000円もしたものでした。

この洗濯機は、3年前に1回故障して出張修理を依頼し、ギアードモーターというのを交換して1万数千円かかりました。

2日ほど前から「ギシギシ」と言うか「ゴトゴト」という音が出ていて今日はとうとう、取扱説明書に載っていない故障のアラーム番号が出て、動かなくなってしまいました。
3年前のアラームの番号と違っていました。

とりあえず、メーカーのサービスセンターに連絡したのですが、「お客様がご自分では直せないアラームの番号なので、出張点検に行きますと、〇千円ほどかかります。修理ですと見てみないと詳しくは分かりませんが、1万5千円から3万円くらいです・・・云々」とのこと。

10年経っているし、今回直しても、また他の個所故障で出費が嵩む可能性が高いかも知れない。
この洗濯機は[はずれ]だったのかも知れない。
うーん(゜-゜) 思案のしどころですが、修理はせずに、新しい洗濯機を買うことにしました。


洗濯物は毎日出るので、買うなら早めに買った方がいいということで、ネットではなく、実物を見られる近くのヤ〇ダ電機の実店舗に駆けつけ。
周辺に数店ある、大型家電店で相性のいいというか、感じがいいのが、このヤ〇ダ電機です。
平日なので空いていて、セール(特売)の洗濯機をいろいろみて行くうちに、今回もドラム式の洗濯乾燥機(H社製)を買うことに決定。
ドラム式にした決め手は、ドラム式の方が、値段が高いけど乾燥した後「しわ」が寄りにくい、と担当販売員さんがいうので。(^^;

他にも購入してから、10年前後使っている、エアコン・冷蔵庫・電子レンジ・テレビ・ブルーレイディスクレコーダーなどがあり、いつ壊れてもおかしくない状況で、恐々としています(;´・ω・)

特売価格は12万円ちょっとで、ほかの同様の機種に比べるとかなり安かったのですが、縦型に比べるとやはり高いですね?
洗濯機も、今回のが最後の買い物になるかも知れないなあ、などと思いつつサイン。

早めに決めたので、良かったと言えばよかったのですが、思わぬ出費になりました。
生活費からは工面できないので、やせ細った「虎の子」から出ることになります。

虎の子の?貯金もいつかはなくなる ものですね。

配達、取り付けは20日の金曜日、ということで、「ありがとうございました」
それまで、最寄りのコインランドリーでお洗濯になります。

今日も読んでいただきましてありがとうございます。