2018年7月10日火曜日

自分が晩年の親父に似てきた件

西日本の豪雨が止んで、一夜明けて今日は晴れて暑くなっています。
関係の方は、朝から行方不明の方の捜索や、復旧作業でご苦労様です。

今日は晴れていて、もちろん大雨特別警報は解除されているのに、午前に広島県府中町の、榎川という小さな川が氾濫し、避難指示が出されて、すでに大きな被害が出ています。
このニュースを、クルマの中で聞いた、TBSの昼の番組でやっていました。

この川の下流の住宅地の小さな橋に、豪雨による流木や土砂がたまり、川をせき止めて水があふれだして、あっという間に広がっています。
小さな川でも水量は多くなっているので、大変なことです。

それにしても、ここ何年かの、豪雨による水害で、治水対策の重要性・必要性を再認識させられます。

災害対策として、地震のための耐震補強や、台風のための家の補強は個人でもある程度できますが、豪雨による川の氾濫を防ぐ対策は、個人はもちろん無理で、国に頼るしかありません。

河川の氾濫による被害は甚大になり、被災者はもちろんのことですが、その地域の経済にも大きな損害を与えます。

インフラ整備で、高速道路もリニア新幹線も必要かと思いますが、最も大事で一番にやってもらいたいのが治水対策、川が氾濫しないようにする対策だと思います。

この対策はお金もかかるでしょうが、川が氾濫すれば何十億円・何百億円の被害が出て、人命も失われることもあるわけなので、次世代のためにも全国的に見直して、やっていただきたいですね。


話は変わりますが・・・。




この榎川の氾濫のニュースを、クルマに乗っている時に聞いて、そのように思ったものです。
そのクルマで、床屋(理容店)等に行って次に移動している時でした。

前回行ったのがGWまえで、2カ月ぶり以上の床屋。
平日の午前なのに、私の前に5人待っていました。
年寄りだけでなく、若い人もいましたよ。

髪が伸びていたので、短くしてさっぱりしました。
椅子に座って暇なので、正面の大きな鏡で、自分の顔をじっくり見ましたが、75歳で亡くなった親父の晩年の顔に、あごのところなど、そっくりになってきた自分がいました。(;´・ω・)💦

親父と会うのもそう遠い未来ではないですね?
その時、親父と似たような顔になった自分が、何となく恥ずかしいような気がするかも知れません(; ・`д・´)


私もそれまで生きていれば、あと6年でその年になります。
新しい元号の5年目だと思いますが、オリンピックも終わってどんな世の中で、どんな生活をしているかな?

今日も読んでいただきましてありがとうございます。