2018年6月12日火曜日

シンガポールの米朝首脳会談

今日は日本時間10時から米朝首脳会談ということで、会談の内容が知りたくて、10時前から昼ころまでテレビをつけていました。

CMがないNHKにしていたのですが、会談の内容など詳しいことは分からず、チラチラ見る程度で、解説もしていたのですがあまり聞いていませんでした。

この会談の内容は、夕方のトランプ大統領の記者会見で主な内容が明らかにされたのですが、買い物に出かけていたので、帰ってからニュースとネットで知りました。

共同声明は、私には良くわからない「包括的な」文書だそうで、特に具体的な内容があいまいになっているようで、批判もありそうだな。

北朝鮮の「完全かつ不可逆的な」核放棄については、北朝鮮が取り組むということを決めただけで、金正恩体制を保証した様に見える内容ですが、トランプ大統領が金氏の面子を重んじたということなのかな?

ただ歴史的な会談が実現し、友好ムードが演出されたので、米朝の軍事衝突はとりあえず遠のいたようで、この点はまあ良かったかと思えます。

この合意では、米朝が話し合いをしている間は、米韓合同軍事演習をやらないということを北朝鮮が勝ち取っただけでも、トランプ大統領の切ったカードの方が多くて、金氏の方にメリットが多かったようにも見えて、いろんな意味の不安が残ります。

G7では強気だったトランプ氏ですが、この首脳会談では逆に西側の論理が一筋縄では通用しない、金氏と北朝鮮政府のしたたかさが、少し分かったかも知れないかな? と思いました。

先延ばしにされた北の核放棄の費用は、「韓国と日本が負担するだろう」と相変わらず仰っているようなので、気になる所です。

また重大な人権問題の拉致問題については、もうトランプ大統領に間接的に言ってもらうだけでは進展は難しい。
安倍首相も本気を出して、この内閣で交渉に当たってもらわなければ、もう後がないと思います。

憲法9条やさまざまな問題もありますが、拉致問題に強く取り組む安倍内閣だから支持する、という国民も少なからずいると思うので、安倍首相に頑張ってもらうしかない。

今日も読んでいただきましてありがとうございます。